アナログレコード・コレクション(その2)2014-06-30 23:14:53

 一番多く残っているのは、中森明菜さんのレコードです。
 まずこれは、1982年のデビューアルバム「プロローグ<序幕>」です。
 
プロローグ

 これは、セカンドアルバムの「バリエーション<変奏曲>」です。美少女でした。
バリエーション

 これは、1983年のサードアルバム「ファンタジー<幻想曲>」です。タイトルからして、ここまでが三部作のような感じです。
ファンタジー

 同じ1983年にリリースされた4枚目のアルバム「NEW AKINA エトランゼ」です。前作もそうですが、ポートレートが入っています。
NEW AKINA エトランゼ

 たくさんあります。
 1984年の「ANNIVERSARY」(左上)、「POSSIBILITY」(右上) と、1985年の「BITTER AND SWEET」(左下)、「BEST」(右下、シングル曲を収めたベスト・アルバム) をまとめて。
4枚まとめて

 
 漏れてしまいました。
 「BEST」よりも前に、1983年12月に発売された初のベスト・アルバム「BEST AKINA メモワール」も持っています。これは好きです。
メモワール

 続きます。
 「クリムゾン」(左)は1986年のスタジオ・アルバム、「赤い鳥逃げた」(中)は1985年5月にリリースされた12インチシングル、「MY BEST THANKS」は1985年12月にリリースされたミニ・アルバムです。
3枚まとめて

 1984年12月の「SILENT LOVE」は、完全限定でリリースされたミニ・アルバムです。ハードカバーは消印付きの国際郵便風の包装で、2枚のポートレートに4ページのカラー・イラスト入り歌詞カードが封入されて、なかなか洒落た作りのコンセプト・アルバムとなっています。
SILENT LOVE

 生産限定盤のミニ・アルバムと言えば、デビューした1982年12月24日に発売された「Seventeen」もそうです。盤面がピクチャーディスク仕様となっていて、両面とも明菜さんの写真が使われています。
Seventeen

 と、いろいろ残っていますが、これらのLPなどを、私は一度もプレーヤーに掛けたことがありません。というのも実は、これらのレコードを入手したのは、すでに我が家には稼動できるプレーヤーがなくなった後です。
 CDになる前、実は当時、テープで聞いてました。台湾で売られているテープが、これもそのうちのいくつかは残っています。
テープ

 私は意外と物持ちが良いかも知れません。

アナログレコード・コレクション(その1)2014-06-28 22:45:13

 二十数年前から使えるプレーヤーがなくなったのに、我が家にはいまだ捨てられず積まれているレコードが一部残っています。
レコードたち

 半分ぐらいは台湾に住んでいた頃の父のコレクションですが、なかでも古色蒼然ながら一際存在感を見せているのは、古賀政男大全集のLP 7枚組です。「超級豪華版」とは、いくらなんでも言い過ぎだと思いますが。
古賀先生

 それにしても、八代亜紀も、森進一も、台湾で絶大な人気を誇っていた鳳飛飛も、みんな若かったのです。
 
 

 個人的に思い出があるのは、このStevie Wonderです。初めて台湾に行ったときの従兄から、もらったプレゼントです。

 それと、この黄梅調歌劇のサウンドトラック「梁山伯と祝英代」も懐かしいものです。1963年の香港映画なので、さすがに真のリアルタイム世代ではないですが、実は70年代の終わり頃かな、なぜか台湾で再び大ブームになっていたことがあり、劇場で再放送したのを実は小学生の高学年だった僕も見ました。

 アルバムがほとんどですが、シングル盤も数枚あります。
 こちらは原田知世さんが歌った、「時をかける少女」(http://tbbird.asablo.jp/blog/2012/11/25/6642582)の主題歌です。
 

シャンティ~LOTUS FLOWER ほか2013-12-02 22:53:40

 JJazz.Netで聞いてから気にいて、最近この曲をよく流します。
 明るくなる楽しい曲です。



 歌っているSHANTIさんは、神奈川県逗子市の生まれで、ゴダイゴのトミー・スナイダーの娘です。
 知らなかったのですが、サザンも歌っているようです。

ちょっとした幸せ2013-10-13 23:30:54

 最近は、こんなものや、


 こんなものを


 見て聞いて、幸せを感じています。

ほしくなる玩具、WAVEDRUM Mini2013-04-23 00:40:20


 KORGのWAVEDRUM Miniが、おもしろそうです。



 ほしくなってしまいました。まったく使えもしないのに (^^;)

【翻訳練習】懐かしい曲「My Hometown」2013-02-22 23:27:14

 そろそろおしまいにしようかと思いますが、最後にもう一曲紹介させてください。
 Bruce Springsteenの「My Hometown」です。

 

 Bruce SpringsteenとMark Knopflerは、その時代の僕のヒーローです。
 渋くて格好いいと、単純にそう思いました。


オレが8歳の頃、親父の新聞を買いに、
よく小銭を握り バス乗り場のほうへ走っていた。
古くてでかいビュイックの運転席で、
おやじの膝に座り 町を走り回ったとき、
オレの髪をくしゃくしゃに撫でながら言った。
息子よ いいかい、よく見ておくんだ、これがお前のふるさとじゃ。
これがお前のふるさと。
お前が生まれ育った場所、
これがお前のふるさとじゃ。

'65年の頃、オレの高校にも緊張が高まり、
黒人と白人の間に数え切れないほどの衝突が起きていた。
なすすべなど 何もなかったさ。
土曜の夜、信号で2台の車が止まり 後部座席に銃が置いてあった。
ショットガンの一撃で、言葉がかき消された。
やっかいな時代が オレのふるさとにやってきた。
オレのふるさと。
オレが生まれ育った場所、
オレのふるさとに。

いまではメインストリートさえ、あるのは閉め切った窓と空っぽの店ばかり。
もうはや誰もここにやって来なくなったようだ。
線路の向こうの敷物工場もまもなく閉鎖される。
仕事はみなよそにもって行かれたと、現場のおっさんが言った。
もう誰もお前のふろさとにはもう戻ってこないさ。
お前のふるさと。
お前が生まれて育った場所、
お前のふるさとに。

オレとケイト、昨夜はベッドで横になりながら、
ここから出て行くことを話し合った。
荷物を積み込み、たぶん南のほうに向かうだろう。
オレは35歳になり、いまじゃオレにも息子がいる。
昨晩 ハンドルの前に息子を座らせて言った。
息子よ いいかい、よく見ておくんだ、これがお前のふるさとだ。

【翻訳練習】懐かしい曲「Summer of '69」2013-02-01 17:59:00

 極私的な、80年代音楽ブームは、なお続いています。

 こちらは、Bryan Adamsの「Summer of '69」 です。


 もうちょっと後の「Have You Ever Really Loved a Woman?」は、いまも携帯電話に入っていますが、私にとってのBryan Adamsは、やはり1980年代の「Heaven」やこの「Summer of '69」が原点です。
 原詩は、 こちら です。


最初の本物のギターは
安物雑貨店で手に入れた
指に血がにじむほど弾きまくった
'69年の夏のことだった

学校の仲間らとバンドを作り
そりゃ一所懸命やったよ
やがてジミーが抜け ジュディが結婚し
うまくいくわけがないと 知るべきだった

いま振り返れば
あの夏は 永遠に続きそうだった
できることならば
いつまでもあのころのままでいたかった
人生で一番の日々だった

不平をこぼしても仕方がないさ
働きはじめたのだから
ドライブインで夜をぐったりと過ごし
そしてその頃 君に出会った

君の家の玄関前に立ち
いつまでも待っているわと 君は言った
おれの手が 君に握り締められたとき
絶対いましかないと 気づいていた
人生で一番の日々だった
あぁ

遠い'69年の夏に

おれらは 時間を無駄にした
おれらは若くて じっとしていられなかった
もっと落ち着かなければならなかったんだ
永遠に続くものは きっとありゃしない
永遠なんて

そしていま時代は変わった
過去に去来したすべてをじっくりと見つめることができる
おんぼろのギターを手に取るとき 君のことを思い出す
どうしてうまくいかなかっただろうね

君の家の玄関前に立ち
いつまでも待っているわと 君は言った
おれの手が 君に握り締められたとき
絶対いましかないと 気づいていた
人生で一番の日々だった

あぁ、遠い'69年の夏に
おぉ、'69年の夏だった
あぁ、おれとあの子がいた'69年
おぉ~
夏、夏、'69年の夏だった

【翻訳練習】懐かしい曲「Forever Young」2012-12-19 21:06:39

 ここ数週間、'80年代の音楽ばかり聴いています。
 若かりし日々を懐かしむようになったのは、年を取った徴候なのでしょうね。

 その懐かしい歌のなか、Laura Branigan が唄ったこの「Forever Young」も含まれています。


 これほどの名曲をただ再紹介するだけではいくらなんでも能がないので、若干趣向を変え、歌詞の日本語訳にもチャレンジしたいと思います。
 と言っても、訓練を受けていないド素人が1時間も掛けずに拵えたものなので、出来に自信がない、というより、出来の悪さには相当な自信があります(^^;)
 すみません、先に謝っておきます。

 なお、大同小異ながら、原詩はいくつか異なるバージョンがあるようで、ここではこれを基準にします。


優雅に踊り、しばらくは踊ろう
天国は待ってくれるはずと、ただ空を眺める
最高の結末を望みながらも、最悪の事態を予想する
それとも我々を、びっくりさせてくれるのかしら

若くして死ぬか、それとも永遠に生きるか
我々に力はないけど、いつだって諦めきれない
砂場に座り、命は短い旅
悲しい人たちのために、音楽がある

いつ宇宙がひとつになるかを、想像できるかい?
太陽に顔を向けて
リーダーを称えながら、調子を合わせる
狂気の人により、音楽が演じられた

永遠の若さ
いつまでも若くありたい
君は本当に永遠に生きたいのか?
いつまでも永遠に

永遠の若さ
いつまでも若くありたい
君は本当に永遠に生きたいのか?
いつまでも永遠に

水のようなものがあれば、熱のようなものがある
奏でられる旋律もあれば、刻まれるリズムもある
早かれ遅かれ、みんなが消えて去ってゆく
なぜ彼らは若いままに留まれないか?

わけも知らずに老いてゆくのはつらい
老馬のようにただ死を待つのは耐え難い
若さは太陽に照らされるダイヤモンドのようである
しかしダイヤモンドは永遠に輝くはず

たくさんの冒険は、まだ今日はできない
たくさんの歌を、我々は忘れていた
多くの夢は、なおはるか彼方で待っている
我々は実現させようとしている

永遠の若さ
いつまでも若くありたい
君は本当に永遠に生きたいのか?
いつまでも永遠に