麗子さんの祖父2019-03-02 22:53:21

.
 小林清親の版画「海運橋 (第一銀行雪中)」(http://travelertraveler.blog.fc2.com/img/2_convert_20150317211813.jpg/) を見たのは、昨年の4月です。

 1876年の作品だとされていますが、女性の傘に描かれた「銀座・岸田」が気になり、検索してみたら、画家の岸田劉生の父親が銀座で開いていた目薬の店を指す、と出てきました。

 岸田劉生の父親は、岸田吟香です。
 東京・銀座に岸田吟香の「楽善堂」ができたのは1877年(明治10年)であり、微妙に時間関係が逆転しているような気がしますが、それとも開店前の宣伝なのでしょうか?


 岸田吟香は1863年(文久3年)4月、眼病を患い、箕作秋坪の紹介でヘボン式ローマ字でも知られる医師のヘボンを訪ね、治療を受けました。

 眼病を患って良かった、という言い方はないでしょうが、岸田吟香はヘボンと知り合いになったことで、ヘボンが当時手がけていた辞書の編纂を手伝うようになり、上梓した日本最初の英語で書かれた日本語辞典に「和英語林集成」と名付けたのも岸田だそうです。
 さらに、ヘボンから目薬の作り方も教わり、日本で最初の液体目薬である「精錡水(せいきすい)」を発売するに至りました。

 1873年、岸田は東京日日新聞に入社し、記者、編集長として活躍しました。
 宮古島島民遭難事件がきっかけで明治政府が台湾に出兵した際、岸田は、これまた日本初である従軍記者の形で戦地に赴き、その報道は評判を呼んだそうです。

 1877年、岸田は新聞社を退社し、売薬業に専念するようになりました。
 1880年、中国は上海に渡り、楽善堂支店を開くなど、岸田は販路を各地に拡げる成功を収めましたた。
 なお、漢口楽善堂は、岸田の援助を得て荒尾精が開いたそうです (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E5%8F%A3%E6%A5%BD%E5%96%84%E5%A0%82)


 いま、「広告から見える明治・大正・昭和 懐かしのホーロー看板」 (佐溝力、祥伝社) を読んでいますが、上の写真は、そのなかに出ているホーロー看板です。
 目薬の「精錡水」のほか、「薬志ゃぼん」も出ていますが、シャボンなので、こちらは薬石鹸ですね。

 ホーロー看板は主に室外で作られる鉄製の看板のことですが、使われるようになったのは1890年頃だそうです。明治時代の風俗を取り入れた錦絵広告や新聞広告などに力を入れ、宣伝を重視する商才のある岸田吟香は、ホーロー看板を使う宣伝もいちはやく取り入れたのでしょう。

 「海運橋 (第一銀行雪中)」に描かれた傘も、宣伝のために岸田が小林清親に依頼したのかも知れません。

コメント

_ 蓮 ― 2019-03-04 00:04:22

岸田劉生の父親のことは全く初耳でした。
ホーロー看板は子どものころ良くみかけました。鉄製でがんじょうなせいか長い間とりつけてあって、脳裏に焼き付いている気がします。

_ T.Fujimoto ― 2019-03-09 22:08:50

蓮さん、こんばんは。
ホーロー看板は手作り感もまた、味わいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2019/03/02/9042691/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。