婦女銀袋賽 ~女のへそくり競走2017-11-03 16:23:33

 香港競馬会のホームページによる、明後日11月5日の香港競馬は「莎莎婦女銀袋日」と名付けられています。(http://campaigns.hkjc.com/ladies-purse-day/ch/?b_cid=EWHPRTC_1_1718SALPD_GEN_171010」)。
 「莎莎」はスポンサーの会社名で、この日のメインレースはG3の「婦女銀袋賽」であると紹介されています。婦女銀袋賽の英文名称は"Ladies' Purse"ですが、香港競馬でも最も歴史の長いレースのひとつです。、
 Wikipediaによると、最初に行われたのはなんと1846年であり、しばらく中断され、第二次大戦後に再開されたのは1947年だったそうです。

 実は、このLadies' Purseこそが、競馬の歴史上で賞金体系が出来上がるきっかけを作ったレースだと言われています。


 1862年の5月1日と5月2日、日本では横浜で初めての組織的な近代競馬が開催されましたが、そのプログラムが掲載されている1862年4月26日付の「ジャパン・ヘラルド」を、早坂昇治が著作の「文明開化うま物語 ~根岸競馬と居留外国人」(有隣新書)で紹介しています。
 開催2日目(5月2日)の第4競走が「婦人財嚢競走 半マイル 賞金四〇ドルのスイープ・ステータス」、と出ています。

 財嚢とはサイフであり、婦人財嚢競走はすなわち"Ladies' Purse"ほかなりません。
 わかりやすく言えば、競馬を見物に来た婦人たちに袋を回して寄付を募り、それを賞金の一部にする、という趣向のレースです。この日第2レースの「チャレンジ・カップ」は賞金が100ドル、第5レースの「横浜賞」は賞金が75ドル、婦人財嚢競走の正規賞金がほかのレースより低いですが、予め奥様方のご寄付を期待しているゆえ、だと思われます。

 婦人財嚢競走は横浜競馬が根岸に移った後も毎開催のように行われ、戦前では上野不忍池の共同競馬や目黒競馬で、実施された記録が残っています。
 香港の「婦女銀袋賽」では、その昔、勝ち馬の騎手は婦人たちとともに昼食をとれる、とも言われていますが、日本ではその慣習を聞いたことがないですが、それでも勝てば、名士の貴婦人から祝辞とともに賞金が入った袋が渡されます。他レースより出走馬が多いことからも、その人気の高さが伺われます。

 1970年の「神奈川の写真誌 明治初期」(有隣堂) では、「女のへそくり競走」とあだ名を付けています。
 まさに、なんとか婦人たちのへそくりを巻き上げようと、居留地の紳士たちが知恵を絞ってひね出したアイデアだったかも知れません。

豹(ジャガー)の眼2017-10-22 23:23:14

.
 高垣眸の作品について適当な記事を書き、特に「豹の眼」に関するくだり、二胡ちゃん様よりコメントを頂いたことがあります(http://tbbird.asablo.jp/blog/2016/01/04/7970963)。

 昭和37年に発行された「名作リバイバル全集」での「豹の眼」を、神保町の古書店の店頭でたまたま見かけ、手に入れました。
 未見ですが、「少年倶楽部」掲載時は名人・伊藤彦造の挿絵だったそうです。このリバイバル版の表紙装画、挿絵は嶺田弘のもので、元々の連載時とは違うが、こちらの絵もなかなか味があって、作品の色にも合っていると思います。

幻の女流詩人ビリティスの歌2017-10-18 22:23:01

 19世紀末のことです。
 中東、かつてのフェニキアの地、アマトントの廃墟に程近い場所で、ひとつの地下の墓が発見されました。
 石棺に刻まれた碑文を、ドイツの考古学者W・ハイムが解読した結果、墓の主は、紀元前六世紀、ギリシャの辺地パンフィリーの地に生まれた、ビリティスという女性のものだと解明されました。
 墓の内壁には150にも及ぶ数の古代のイオニア韻率に沿った詩篇が記されており、凡そ3つのパートに分かれますが、そのすべてがビリティスの数奇な生涯を物語っている詩です。


 1895年、まだ二十台の若いフランス詩人ピエール・ルイスによる優れたフランス語訳を介し、これらの詩篇は「ビリティスの歌 (Les chansons de Bilitis)」として広く知られるようになりました。
 クロード・ドビュッシーは1897年から1898年にかけて、「ビリティスの歌」から3篇を選んで、歌曲を作曲した。

1. La Flûte de Pan (パンの笛)
2. La Chevelure (髪)
3. Le Tombeau des Naïades (ナイアードの墓)



 文献学者は、ピロデウムスの詩句に二度ビリティスの歌からのパクリがあることを発見しました。
 ピエール・ルイスからの献本を受けた在アテネのさる高名な教授は、かつてビリティスの名への言及がある文献を、どこかで読んだ記憶がある、と寄贈者のへの返書で示唆していました。


 そんなはずはありません。
 なぜなら、すべては若き詩人の手による捏造です。W・ハイムなる考古学者も、フェニキアの古墳も、石棺もミイラも碑文も、ピエール・ルイスの創作に過ぎません。

 若くして輝かしい名声を得たピエール・ルイスは、しかし晩年は文壇からも忘れられ、盲目となり、孤独と貧困のうちに世を去ったそうです。

【素人写真】久々の台湾2017-08-22 22:57:03

 久々の台湾。
 親戚や友人に会い、そして初めての阿里山、何度目かの日月潭に行きました。















水戸黄門の印籠2017-03-11 13:28:29

 資格やライセンスは水戸黄門の印籠のようなもの、だと論じた文章を目にしました。
 なるほど、実力の程を他人に知らせて正しく評価してもらうのは容易でない場合が多く、かくして、世の中に数え切れぬほどの資格、ライセンスが生まれました。

 さて、何年間も水戸黄門のドラマを見ていない僕が語るのも畏れ多いと思いますが、少なくとも私の記憶では、毎度話が佳境に差し掛かる頃合を見計らって、控えおろう!と格さんがご老公の印籠を見せると、悪代官悪者どもは一旦恐れをなして地に伏すものの、悪行罪名を指摘されると、なりふりも構わず逆切れして襲い掛かってくるのが、デフォルトパターンです。
 そう考えると、水戸黄門の印籠とは、一見凄そうに見えて案外役に立たない物、だと解釈したくもなります。

 世の中、水戸黄門の印籠よりも格さん助さんの刀、実戦で戦い抜く実力がないとダメなのかも知れません。

横須賀軍艦めぐり2016-12-19 23:02:17

 先月のことでしたが、ようやく写真を整理しましたので。

 まずはこちら、米軍の潜水艦です。


 こちら米軍のイージス艦です。


 そして、巨大な原子力空母ロナルドレーガン号です。
 艦上で働く人は5千人以上だそうです。

 作業中。

 そして、こちらのイージス艦はちょうど帰港途中。

 以降は自衛隊、こちら潜水艦救難母艦です。

 海洋観測艦だそうです。

 退役済みの掃雷艦。
 艦体番号は消されたが、微かに見える305番はつしま、です。

 特務艦はしだて。

 姉妹艦のやまぎり、ゆうぎり。

 自衛隊最大の護衛艦いずもの姿も見えます。


 以上、軍艦めぐりツアーから、でした。

小説博覧会2016-12-04 11:25:17

 明治23年4月10日、上野にて華々しく開催されている第3回内国勧業博覧会を横目に、叫雲愚老の庵で「小説博覧会」なるものが行われました。


 参加者は、幸田露伴宛の手紙によれば、「月角小王、繡蓮女史および叫雲愚老、これだけは貴殿御存じ、脱顛子、阿房宮守、ゆかり式部、これだけは御初対面なり」でありました。
 四畳半の部屋にめいめいが座り、順次に自作の文章を読み上げた後、「互いに品評なし、面白しとの公評を得たる仁へは何か俗ばなれせし珍物を愚老より呈し、又おもしろからずとの判を得たるものは天に向ッて三拝、地に対して三拝、世界に三拝、坐客に九拝し、謹んで尚又筆紙墨硯に一拝づゝの上にて、即席に懺悔文を作って謝すべく、且つ例の御馴染なる三十六節の解酔竹鞭にて脊中に三度どやす筈なり。」という趣向です。

 まずは発起人の叫雲が出品小説を読むが、その名も八犬伝に対抗して「新編一犬伝」というもので、いかにも怪しい集いでした。
 以下の作品は、繡蓮女史の「風前虹」、月角小王の「痴陳平」、阿房の宮守の「ねじくり博士」、脱顚子の「閨の月」、ゆかり式部の「新九想観」、最後は露伴が「博覧会の博覧会」なる戯文で結びを付けたそうです。

 どの作品も出来が芳しくなく、繡蓮女史、ゆかり式部の女性作者ふたりは罰を加えるほどにないと定まるほか、あとの全員は三拝九拝のあげく解酔竹鞭で三十ずつ打たれて、下手懺悔文を認めた次第であります。
 いくわ、「下手な話は尚聞くべし、下手小説は読み難し。我等無法の人間みだりに下手なものを書く、人天に對して恐れ入ッてあやまるの外なし、ゆるし玉へや上手となるまで。今や懺悔に虚言なし、願はくは此懺悔の功徳をもッて罪業消滅風流即生せん。」


 各氏の作品と一部始終はまるごと「日ぐらし物語」と題されて、いまも幸田露伴集に収められ、出来損ないだった小説もめでたく風流となったのであります。

【レース回顧】 2016菊花賞2016-10-23 17:35:39

 逃げたミライヘノツバサが淀みのない流れを作り、一番人気のサトノダイヤモンドは中団、二番人気の皐月賞馬ディーマジェスティはサトノダイヤモンドを見るようにやや後ろに構える展開でした。

 曇り空の下の京都競馬場、第77回の菊花賞であります。
 道中二番手以降は入れ替わりの忙しい競馬となりましたが、三コーナーでディーマジェスティが外から追い上げると、その内にいるサトノダイヤモンドも合わせて手応え良くポジションを上げていきます。
 直線に入ると、早いのではないかと思うほど、サトノダイヤモンドがすぐに先頭に立ちましたが、ディーマジェスティとともに追い上げるレインボーラインやエアスピネルの追撃を問題にせず、突き放すように先頭で淀3000メートルのゴールを通過しました。
 サトノダイヤモンドはこれで、オーナーとともに悲願のG1初制覇となりましたが、元々世代レベルの高い現三歳世代でもピカイチの素質を持っている、と言われる馬です。均整の取れた馬体に軽快なフットワーク、血統的にも奥がありそうです。距離が短くなればディーマジェスティの巻き返しもあるかも知れませんが、凱旋門賞に遠征して菊花賞不出走になったマカヒキも帰ってきます。そのなかでも、サトノダイヤモンドは間違いなく、これからの中央競馬をリードして行くエースだと思わせるだけのレースをしたと思います。

 さあ、秋は続きます、