【メモ】マグレブとクスクス2016-05-15 21:45:06

 「マグレブ」はアラビア語で「日の没する地」、「西方」を意味するそうです。
 バグダードを出発して西に侵攻した7、8世紀ののアラブ軍団は、ジブラルタル海峡を過ぎ、大西洋に達すると、そこから先にはもはや征服すべき土地がなくなったことに気づき、「日の沈む西方の地の果て」という意味で名づけました。現在モグレブと呼ばれるのは、主にモロッコ、アルジェリア、チュニジアの三か国です。元々ベルベル人の居住地ですが、いまマグレブの人々はアラビア語を話し、主にイスラム教を信仰し、人種的にもアラブ人との混血が進んでいます。

 マグレブ文化の中心地であったモロッコの町は、北アフリアで一番洗練された料理を作る場所として知られ、モロッコの宴会料理はバステーラという円盤状のパイから始まり、マグレブの代表的な料理であるクスクスに終わることが多いようです。

 クスクスはどうやらアラブ侵入以前からベルベル族の伝統料理として存在したものです。
 クスクスには作るための専用の二段式蒸し鍋が存在します。
 手元の「地中海事典」(地中海学会、三省堂)によれば、小麦、大麦などのあらびき粉を大きい平鉢にとり、水とオリーブオイルを手のひらで転がしながら混ぜ、鍋の上段に入れます。下の鍋で羊や鶏、牛などのシチューを煮込み、その蒸気で上段のクスクスを蒸し、15分くらい蒸すとまた平鉢にあけ、篩にかけながら水と油を混ぜることを三回ぐらい繰り返し、食べるときは下段のシチューをかけて食べるそうです。

 「食の文化地理 ~舌のフィールドワーク」(石毛直道、朝日選書)によれば、小麦、大麦のほか、トウモロコシ、ドングリの粉で作ったもの、乾いたパン粉をクスクスとして使用することもあります。また、下鍋のシチューは羊、ヤギ、ラクダなどの肉、あるいは魚、それに野菜を入れ、イスラム教の安息日である金曜日に作る料理であるそうです。

 「月刊 言語」の1980年Vol.9が手元にあり、中野暁雄の「モロッコ食物誌 (あるアラブの娘さんからの聞き書き)」が掲載されて、当然クスクスを取り上げています。
 下鍋の肉は普通の牛肉か牛の頭か尾の肉、もしくは鶏が普通だそうで、食べるときは手で団子のように丸め、さじは使わないそうです。また、クスクスは金曜や日曜に作り、マグレブらしい、はれの感じのする料理、だと書いてあります。

昔の丸型郵便ポスト2016-04-21 22:33:07

.
 近所の郵便ポストです。

 この古い丸型ポストは1949年(昭和24年)から使われて、角型ポストが出た1970年代以降は作られなくなったが、いまだ日本中に多数残っています。

 「江戸の醍醐味」(荒俣宏、光文社)によれば、日本ではじめてこのような円筒型ポストが登場したのは1901年(明治34年)、俵谷高七という発明家が考案した「俵谷式ポスト」だそうです。
 ちなみに、日本初の自動販売機は煙草などを売る自販機で、1888年にやはり俵谷高七が開発したそうです。(http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/map/ippan23/4/pdf/4-2-1.pdf

 「俵谷式ポスト」とほぼ同時、同じ日本橋界隈に試験的に設置されたのが、元鉄道局員の中村幸治が考案した「中村式ポスト」です。
 俵谷式より優れているのが防火の工夫です。上部の笠が蝋で本体と接着され、なかに砂が格納され、火災時の熱で蝋が溶けると、なかの砂が落ちて、郵便物を覆って保護する仕組みになっているようです。

 先人の発想は、なかなか面白いと思います。

サムライの作法2016-03-20 11:21:47

 もし江戸時代の侍が、たまたま傍輩同士が喧嘩を始め、うち一人が刀を抜いたのに出会ったら、どうすべきなのでしょうか?

 「こんな本があった!江戸珍奇本の世界」(社団法人家の光協会)は、古典秘籍の宝庫である西尾市岩瀬文庫(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B0%BE%E5%B8%82%E5%B2%A9%E7%80%AC%E6%96%87%E5%BA%AB)の目録作成に携わった塩村耕氏の著作であり、文庫に納められている珍奇本の数々を紹介しています。
 そのうちの一冊、侍の生き方マニュアルとも言うべき「八盃豆腐」を紹介するページは、冒頭にあるような問いかけから始めています。

 まず、脇に控えて見守りべきです。
 もし、どちらかが親類か親しい友人で、その人が危うく見えたなら、助太刀をして相手を打たせてやります。もし、両者とも普通の関係なら、一方が打たれたら、相手に申し含め、近辺の寺へ同道して付き添い、人をやって藩に届け出るべき、だと書かれています。
 仲裁に入り、仲直りさせたりするのはよろしくなく、刀を抜きかかった方が「あほう払」の罪」(両刀を取り上げられ追放する屈辱的な刑罰)に処せられるゆえ、です。

 傍輩が家来を手討ち損じ、逃れた家来が自分の屋敷に駆け込んだ場合、道中で家来に持たせたヤリが他家の侍に奪い取られた場合、残罪者を連れて刑場に向かう途中、大寺の高僧が囚人に袈裟を掛け、身柄渡しを懇願して引き下がらない場合など、ほかにも難しい局面についていろいろ書かれているらしいです。


 義と名誉のためには命も投げ出せるのが武士道ですが、こういう侍たち特有の行動規範が、もしあたり前にすべて侍が心得ているなら、教訓書すら無用だったはずです。やはり二世紀半の長い平和な時代に、武士たちのモラルが緩んでいたのでしょう。

 実際、先日読んだ「サムライとヤクザ―」(氏家幹人、ちくま新書)によると、明治維新前のまさに江戸幕府が伸るか反るかの動乱期、幕府軍でよく戦った戦士たちは、元からの侍ではなく、駕篭かきや火消し、博徒など、町の荒くれ者だったそうです。
 戦乱の世から泰平の世への転換と軌を一にして、戦士の作法だった男道は徐々に色褪せし、役人の心得であるほうの「武士道」へと様変わりした、という話でした。

【素人写真】二月のある日2016-03-06 14:51:04

 山北町の洒水の滝、人影がなかったのです。











【メモ】鼠小僧の自白2016-02-22 23:01:52

 天保三年(1832年)の5月、松平宮内少輔の屋敷に盗みに入ったところを捕らえられ、町奉行所に引き渡された次郎吉は、やたらと記憶力がすぐれていました。
 「武鑑」で薄れた部分を補いながら、十年前に遡り、忍び込んだ屋敷や盗んだ金額をわりと詳しくすべて白状しました。

 ご存知、義賊の伝承や大仏次郎の小説で知られている、鼠小僧です。


 この詳細な自白は、被害に遭った大名旗本屋敷側にとっては、はなはだ迷惑だったようです。なかには、金子の紛失により女中が疑われて、「それとなく御暇」になったケースもあったそうです。しかし、事実を隠し続けても、町奉行所は承知してくれそうになかったので、最終的に各屋敷は概ね再調査で判明した事実を報告したそうです。
 江戸の主だった大名屋敷が、長年渡ってひとりの小柄の男に容易く度々侵入され、多いときは四百数十両もの大金を盗まれたというから、屋敷側の威厳も武士の面目もまるつぶれです。

 武士のほうは、神出鬼没の鼠小僧に対して、複雑な感情を抱いている人が多いようです。

 例えば、「甲子夜話」を著した松浦静山は早くから鼠小僧に注目したひとりで、伝え聞く次郎吉の身軽さだけでなく、彼の行状にも興味津々でした。
 かつて盗みに入った商家が破産したと聞いた次郎吉が、再びその家に忍び込み、盗んだ金七十両をこっそり返した、という美談については、「これ人徳慈悲を知て、敬忠を知らざる者也」と評しました。確かに慈悲の心はあるが、武士に対する敬意を欠くもので、「殆んど禽獣と同じ」と付け加えました。
 厳しい尋問の最中にも「いかにも泰然として」恐れたそぶりを見せず、「吟味拷問等のときも、聊か臆せし体無かりしと」など、次郎吉の死を恐れぬ姿に感銘を受けて「盗中の勇者と云べし」と称えました。すぐに「勇もかかる所に用ては役にたたぬこと也」と付け加えたのは、思わず盗人を賞嘆してしまったのを恥じたのかも知れません。


 3ヵ月後に市中引き回しの上での獄門の判決が下されました。本来なら殺人や放火の凶悪犯に適用される刑であり、重い判決は面子を潰された武家の恨みによるもの、という見方もあります。

【メモ】銭形平次の財団2016-02-21 23:18:16

 「不景気と言や、親分、ちかごと銭形の親分が銭を投げねえという評判だが、親分の懐具体もそんな不景気なんですかい」
 「馬鹿にしちゃいけねえ、金は小判というものをうんと持っているよ。それを投げるような強い相手が出て来ないだけのことさ」
 書き出しの無駄口話が落語の枕のようなもので、「銭形平次捕物控」の魅力のひとつです。

 実際、銭形平次とお静との所帯は「年がら年中、ピイピイの暮し向き、店賃が三つ溜まっているが、大家は人が良いから、あまり文句を言わない」というから、小判など一生手にしなかったかも知れません。

 そんな清廉潔白で貧しい平次が敵に投げつけたのは、むろん小判ではなく、寛永通寳です。
 ウィキペディアの「銭形平次捕物控」の項で、「平次が劇上で投げたとされる寛永通寳真鍮當四文銭(十一波)」が写真付きで紹介されています。
 しかし、小説のなかでは「ちょっと重い鍋銭」と書かれています。ウィキペディアの「寛永通寳」を参照すると、「鉄銭は鍋銭(なべせん)とも呼ばれ」と出ており、真鍮四文銭よりも安い鉄一文銭のほうなのかも知れません。


 銭形平次の作者の野村胡堂も、第一高等学校を経て東京帝国大学法科大学に入学するが、学資に困ったゆえ中退になっていた人です。

 胡堂の夫人のハナは日本女子大卒で教師となり、新聞記者時代の胡堂を経済面からも支えていました。
 ハナ夫人の親しい同僚に、夫がすでに亡くなった井深さんという女性がいて、その息子の大(まさる)は野村家にしょっちゅう遊びに行っていたそうです。
 長じて、東京・日本橋の旧白木屋店内に個人企業「東京通信研究所」を立ち上げたが、運転資金に窮すると、胡堂は心よく融通しました。その頃、野村胡堂の銭形平次が売れていました。
 のち、井深大の会社は「ソニー」と改名しました。

 胡堂は晩年、私財のソニー株約1億円を基金に財団法人野村学芸財団を設立しました。
 経済面で学業継続が困難になった学生等への奨学金の交付を目的のひとつとしていますが、これはやむなく学業を断念した胡堂の経験が背景になっているのでしょう。

【素人写真】梅の花2016-02-11 20:48:08

 小田原の曽我梅林です。











スタンダードナンバーに酔いしれる夜2016-02-06 21:01:49

 YouTubeでジャズを聴いています。

 名人Wynton Marsalisに、ちょっと珍しい楽器編の成が入っている「My Favorite Things」です。


 「Maiden Voyage」をソロ・ピアノで聞くのもわるくないです。


 そして、この小林香織の「Nothing gonna change my love for you」は、何度聞いても素晴らしいです。