スマート、クラウド、ビッグデータ2012-05-07 22:12:25

 スマートフォン、スマートTV、スマートハウス、スマートシティ......近頃は「スマート」が流行っているようです。

 この場合、本来の「利口な」、「洗練された」と言った意味からやや逸脱し、むしろ多くの機能が「融合」されたものを表すのに使われているような気がします。


 情報科学の分野では、いつも様々なカタカナ語が生まれて、流行ったり、消えたりします。時代の流れとともに、多くのバズワード(buzzword)が、いつも間にか死語になっています。
 例えば20年前に人口に膾炙した「ファジー」など、いまではほとんど聞かれなくなりましたね。
 ニューラル・ネットワーク、ダウンサイジング、バーチャル・リアリティ、ヘテロジニアス、ユビキタスなども、死んでいるわけではないでしょうが、ブームだった頃に比べると、目にする機会がだいぶ減っています。


 いま「旬」のキーワードと言えば、ひとつは冒頭に上げた「スマート」で、あとは「クラウド・コンピューティング」や、あるいは「ビッグ・データ」とかが、流行しているようです。
 テクニカル・タームに留まらず、「クラウド」はとっくにビジネスになっているし、「ビッグデータ」もそうなる勢いがあります。

 こういうバズワードは時代とともに生きるものですから、逆に流行のバズワードから、時代の傾向が見えるかも知れません。


 ちょっと前まで、この高度情報化社会は多くの情報が氾濫している、と言うと、情報の海に溺れているようなイメージが連想され、若干マイナスな意味で捉えられがっちです。
 「情報爆発」もそうで、情報を管理する事の難しさばかりが注目され、情報オーバロードと懸念されたりしまう。

 しかしどうも、いまは違うようです。
 データ工学の権威である喜連川優教授によれば、むしろ積極手に情報を爆発させるべき、だそうです。
 人間がしゃべる情報だけでなく、無数の機械やセンサーがしゃべるもっとたくさんの情報を、インターネットの向こうのクラウドに賢く格納し、賢く検索、分析して、新たな価値を創出するテクノロジーが望まれています。

 例えば、従来のカーナビは、特定の個人が、予め決められている用途に使う道具です。しかし、未来の車載システムは、遥かに膨大な情報を融合して、スマートに扱えるようになるかも知れません。
 ドライバには、道路の混雑具合、ドライバの運転技術など様々な要素を考慮した推奨ルートや到着予想時間が知らされるかも知れません。保険会社では、車の種類・年数だけでなく、ドライバの運転の仕方(急発進、急ブレーギの回数とか)、よく通るルート(事故多発地帯か)などから、適切な保険料を算出できるかも知れません。国土交通省は、いまの交通予測よりも精度の高い情報に基づいて、路線を建設し、適切な時間帯に修理工事を実施できるかも知れません。


 なんだか、素敵な未来が待っているような気がしました。

 いや、本当にそうなのでしょうか?
 まず、これらの情報は一体誰のものか、ということだけでも僕などは気になってしまいます。
 上の例で言えば、プライベートが侵されないように、個人を特定できないように処理さえすれば、カーナビなどで収集した情報を、メーカや販社が統計して使ってよいものでしょうか?

 マーク・ザッカーバーグは、世界中の人たちがもっとオープンに意見を言い合い、オープンに結びつけば、素敵な世の中になると信じて、実名登録を基本とするFacebookを作ったそうです。
 問題は、近頃欧米で話題になっている「Facebook疲れ」の話を聞くと、誰もがそう思っているわけではないらしいです。

福島の馬と写真家2012-05-14 23:28:58

.
 横浜に住む馬好きによれば、この前の子供の日、根岸競馬記念公苑では「相馬野馬追」を紹介するイベントがあったそうです。

 むかし野馬追祭は5月中の申の日に行われるものですが、旧暦だったので、いまでは7月の行事としてあらためています。
 その歴史は古く、相馬氏の遠祖・平将門まで遡ると言われています。元享三年(1323年)、相馬孫五郎重胤が下総より奥州行方郡に封を移し、雲雀ヶ原で行われるようになったのが、いまの相馬野馬追の起源だそうです。
 雑誌「太陽」の1971年の11月号がいま手元にあります。「馬と人と大地の祭り」と題し、大判の写真とともに、古山高麗雄が相馬野馬追について書いた文章が掲載されています。上の話はその受け売りです。
 記事の写真は秋山忠右と佐藤晴雄によるものです。佐藤晴雄は存知しておりませんが、秋山忠右は「くにざかい」などを撮った、素晴らしい社会派写真家で知られています。だいぶ若い頃の写真でしたね。

 「馬を飼う相馬地方の家は、年々減少の途をたどっている。原町市についていえば、昭和37年には686頭いた馬が、45年には五分の一足らずの128頭に減ってしまった。」と記事にあります。
 現在では、さらに減ってしまったのではないでしょうか。本祭りでは500頭もの馬が集められ、規模としては国内最大ですが、多くは関東圏からのレンタルになったようです。


 さて、冒頭の写真は、石原徳太郎によって刊行された「大日本博覧絵」という銅版画集の1ページです。「福島県 産馬会社」と題がつけられていますが、描かれているのは、明治初期、労働力としての優秀な馬を生産、育成する目的で設立された「須賀川産馬会社」です。

 「近代デジタルライブラリー」を眺めたときに見つけた1枚(http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/853938)ですが、調べてみたら、その下図となっている写真が地元に残されているそうです。撮ったのは写真師の松崎晋二、明治9年5月31日に撮影されたものです。

 この松崎晋二は、僕は出久根達郎の随筆で知りました。
 わが国最初の従軍写真師だそうです。と言っても日清戦争や日露戦争ではなく、明治7年の、いわゆる台湾出兵(宮古島の漁船が難破し、台湾に漂着して殺害されました。新政府不平士族の不満をそらすために出兵を強行したと言われている)のときです。
 松崎晋二はその台湾の写真と、小笠原で撮影した写真を、一般向けに売りに出しました。いまはほとんど残っていないらしいですが。
 松崎晋二は「写真必用写客の心得」という小冊子も出版しています。こちらは「近代デジタルライブラリー」にあり、一応読むことができました。

 明治9年の東北・北海道巡幸に際し、松崎は福島県庁からの依頼により半田銀山・二本松製糸会社など県内の殖産興業施設や名所旧跡を事前に撮影して天覧に供しておりましたが、そのなかの1枚が上記の須賀川産馬会社の写真でした。


 むかし福島県は馬産地として有名でした。

 僕が競馬を見始めた頃、CBC賞など重賞を3勝したトーアファルコン(http://db.netkeiba.com/horse/1981100431/)は、当時すでに珍しくなった福島県産の活躍馬として知られていました。
 名馬ビワハヤヒデも表記上は福島県産ですが、こちらは輸入馬の母馬が北海道に運ぶ前に産気づいてしまい、急遽福島県桑折町にある早田牧場本場で出産させたためです。交配はアメリカで行われた、いわゆる持込み馬です。

 福島の浜通りには馬産で知られる双葉郡葛尾村がありますが、去年の震災および原発事故の影響により、残念ながら、葛尾村で唯一残っていた篠木牧場は、廃業に追い込まれたそうです。
 もしかして、福島県産馬が競馬場で走ることは、今後、もうなくなるかも知れません。

【メモ】金子きみと竹内てるよ、母と子と長い人生2012-05-23 00:44:39

 生まれて何も知らぬ 吾が子の頬に
 母よ 絶望の涙を落とすな
 その頬は赤く小さく
 今はただ一つの巴旦杏(はたんきょう)にすぎなくとも
 いつ 人類のための戦いに 
 燃えて輝かないということがあろう…

 2002年9月、IBBY(国際児童図書評議会)創立50周年の式典で、美智子皇后が英語でスピーチしました。
 英文のほうは見つかりませんでしたが、日本語の原稿が残っています(http://www17.ocn.ne.jp/~hana2/shiryou/mitiko_supiiti_20020929.html)。なかで引用されている上記の詩は、竹内てるよの「頬」の一部です。


 昭和初期、東京に「渓文社」という小さな出版社がありました。
 アナーキズム寄りの出版社だと言われ、多くの詩集を発行しましたが、前身は1929年、竹内てるよとその共同生活者の神谷暢により創設された啓文社です。

 竹内てるよは、銀行員であった父と18歳の芸者の母の間に札幌で生を受け、赤ん坊のときに母から引き離され、祖父母のもとで育てられました。子供を奪われた母は、悲しんで自殺したそうです。
 てるよは十代の頃から働きに出ましたが、17歳で結核にかかり、以降長年に渡り、病魔と闘うことになります。
 20歳で父親の借金相手と結婚、出産し、24歳で腰椎カリエスとなり、ギプスをかけて病床に伏し、ついに離婚することとなりました。

 子供を夫の元に残すことに忍びず、一旦心中を決意したそうです。
 眠っている子供の首に手をかけるが、子供が目覚め、母の右手に揺れる赤いひもを見て、おもしろがって笑いました。
 その笑みを見て、てるよは心中を思いとどまりました。冒頭の「頬」は、そのときの心情を詠んだものです。
 「生まれて何もしらぬ 吾が子の頬に / 母よ 絶望の涙を落とすな」は、実に壮絶なものでした。

 てるよは子供を手放し、闘病生活を続ける傍ら、詩の創作を行い、1928年から「詩神」、「銅鑼」に作品を掲載しました。
 1929年、草野心平等が「竹内てるよを死なせぬ会」を発足させたそうですが、当時のてるよは結核の病状が悪く、ほとんど毎日が喀血、血便、貧血によって、人事不省状態の連続だったそうです。

 宮本百合子の「文学の進路」に、「竹内てるよさんは、カリエスといふ病が不治であるため、徹也といふ愛児をおいて家を去り、貧困の底をくぐって、今は、療養の伴侶であり、友である神谷暢氏と夫婦でない、結婚生活でない共同生活を十三年営んで居られる。」という記述があります。


 1929年、啓文社が創設されました。
 竹内てるよの詩集を刊行するのが重要な目的でしたが、一方でアナキズム的思想の啓蒙、詩集、文集、童話、パフレット、小新聞等の発行と印刷所の経営をも目指しました。
 この啓文社はのちに「渓文社」に改められましたが、渓文社を長年支えたのは、西山勇太郎です。

 西山は小学校を卒業するとすぐ淀橋区の鉄工所で見習い工となり、住み込みのまま、戦前から戦後へかけての三十数年間を淀橋で過ごしました。
 昼間は鉄工作業、夜はお金にならぬ、ガリ版印刷をして、傍らに「渓文社」や「無風帯社」を経営しました。草野心平、萩原恭次郎、中浜哲らの詩集が、渓文社から出版されていました。

 庄治きみ、すなわちのちの金子きみが、こんな歌を残っています。
 「辻潤と いふ人現れる 西山君と一緒になるといいね と唐突におつしやる。」
 この「西山君」が、西山勇太郎です。

 辻潤は西山勇太郎の師ともいうべき存在です。辻潤が放浪していたころ、幾度か西山の部屋を訪ねて滞在もしたし、西山も辻を追いまわす特高刑事のことなど意に介さずに泊めたそうです。


 金子きみは歌人であり、のちに小説家に転身しました。
 竹内てるよと同じく北海道の生まれで、上芭露小学校を卒業し、農業に従事しながら、自由律の新短歌を作っていました。冬の農閑期は東京の姉夫婦のもとに滞在し、その東京で、歌の仲間と知り合いました。

 西山勇太郎の尽力により、17歳で歌集「草」を渓文社から刊行されました。
 きみは西山を介して、辻潤や、その息子の辻まこと(http://tbbird.asablo.jp/blog/2007/06/07/1563252)とも出会います。
 きみの最初の詩集「草」、装丁は辻まことによるものです。(http://kikoubon.com/kusa.html

 結局、きみは西山とは結ばれず、義兄の紹介で金子智一(http://www.n-shingo.com/jijiback/149.html)と結婚し、金子きみとなりました。


 「宣戦 直ちに夫に報道班員の徴用令 選ばれたと言う眉を見つめる」
 「銃後の悲しみとしてはいけない悲しみを 乳児の目が吸いとってくれる」
と金子きみの作品にある通り、子供が生まれたあと、太平洋戦争が急を告げました。

 戦争末期の東京大空襲の直後、東京を脱出する時の様子が、金子きみの手記で書かれていますが、大混雑の上野駅構内で、4歳の息子・雅昭が一度行方不明になっていました。

 その時、まずある家族が迷子の雅昭君をまず保護しましたが、彼らの乗車の順番が回ってきたので、その辺にいた十歳ほどの浮浪児に預けて行ったようです。
 その浮浪児自身は大空襲で家が焼け、家族を失って駅の地下道で寝起きしている戦災孤児ですが、預かった雅昭君を親のもとに届けるために、群衆の中を探して連れて歩き、ようやく母親の金子きみと出会ったのであります。
 こうして無事に親子再会できた金子きみは、財布から乗車券だけを取り出して、その浮浪児に渡しました。もしその浮浪児が居なかったら、親子再会どころか、子供が生存できていたかどうかも分からないでしょう。


 そういう出来事があって、金子きみは愛息と離れ離れにならずに済みましたが、竹内てるよのほうは、幼いときから離れ離れになっていたわが子と、戦後に突然出会いました。

 まったく消息不明だった息子は、実はヤクザになって、刑務所にいました。
 出所した子と暮らしはじめたものの、四ヶ月で息子は出奔し、四年後、またも刑務所で会うことになりました。
 約一年後、ようやく親子水入らずの生活を送れるようになりましたが、たった二ヶ月、息子は喉頭癌(舌癌とも)で入院し、一ヶ月後に死去しました。

 てるよ自身も腎臓結核が再発し、何年間もの長い入院生活を余儀なくされました。
 むごい人生だったかも知れませんが、彼女の詩は、しかし決して暗いものばかりではありません。「家の光」の読者投稿欄の「詩」の選者も、長年務めました。


 竹内てるよが初めて結核を患った17歳の頃、二年も生きられまいと言われたそうです。しかし、病気と貧困に苦しめられ、つらい出来事の多かった人生を送りながらも、2001年2月に96歳で亡くなるまで、達観して、天寿を全うことができました。

 金子きみのほうも、やはり長生きしていて、2009年6月に94歳で亡くなりました。

偶然2012-05-28 23:47:13

.
 先日、奇跡の双子の話をテレビやっていたのを、たまたま見ました。

 よく知られる有名の話であるようですが、幼い頃から生き別れることになった双子が、まったく連絡をとらなかったにも関わらず、両方とも養父母からJimと名づけられ、二人ともLindaという女性と結婚し、生まれた息子につけた名前はそれぞれAlanとAllanでした。そして二人とも離婚して、これまた二人ともBettyという女性と再婚し、かつ二人とも飼い犬にToyという名前をつけていたそうです。


 世の中、ときにはものすごい偶然が発生するようです。

 ケニアに TANAという川があります。
 シドニー・アンスワースというイギリスの作家がケニアから帰国した後、人に勧められて初めて購入したサラブレッドに、TANAという名前を付けました。1968年、2歳になったTANAはデビューし、初戦こそ8着に敗れましたが、その後に鮮やかな三連勝を飾り、ステーヤー血統も相まって、オークスの最有力馬と目されました。そのとき、かねてから親しい競馬紙の記者に調べてもらったところ、競馬史上にはTANAという名前の馬が前に2頭いたことがわかりました。1908年にフランスで生まれた葦毛の牡馬、1936年にアメリカで生まれた栃栗毛の牝馬、2頭ともたまたま4戦3勝で死亡しました。
 そして、それから十日も経たないうち、シドニー・アンスワースのTANAが、調教中の事故で死亡した知らせが届いたそうです。


 昭和23年6月号の「アンサーズ」の編集後記を、澁澤龍彦がそのエッセイで引用しています:
 「恋するも、恋されるもそのキッカケはすべて偶然のたまものでありまして、この偶然といふのはまことに曲者でありますからよくよく御注意なされるがよろしい。といふことを、この青春バラエティ特集の後記において申し上げます。
 些細な例が、先日ある街で眉目美しい女性があまりいただけないアンチャンとアベックで歩いていまして、私は彼女等を追越すときに思はず『ああモッタイない』といふ言葉を口のなに洩らしました。ところがその瞬間に洩れ聞こえた彼女等の会話の声は、『それはモッタイないワ』といふ女の声でありました。じつに、私の言葉と彼女の言葉との発音されたのは、まったく同時であったのです。」

 無署名ですが、書いたのは吉行淳之介に間違いない、と澁澤龍彦は書いています。

ふたたび偶然、もしくは運について2012-05-30 21:49:04

.
 1967年、ロンドンのある警察署の電話番号が40116に変更されました。
 直後、翌晩の勤務時間内に電話をよこすように、署のある警官が友人に言いましたが、番号を間違えて40166と伝えてしまいました。誤りに気づかなかった警官は、その夜のパトロール中、ある工場にひとつだけ明かりがついたままなのを発見し、同僚と一緒に中に入って調べることになりました。二人が足を踏み入れると同時に、電話が鳴りました。くだんの警官が受話器を取ると、驚いたことに、かけてきたのは彼が前日間違った番号を教えた友人です。
 その工場の電話、電話帳に掲載されない非公開の番号ですが、40166でした。


 1983年8月24日、アムトラック鉄道のシルバー・ミーティク号は、いつもの通り、マイアミからニューヨークに向けて出発しました。
 午後7時40分、ジョージア州サヴァナを通過中、橋の上で魚釣りをしていた女性をはね、午後9時30分にはわずか25キロ先のサウスカロライナ州リッジランドで、線路脇に駐車中のトラックに接触し、車を大破させました。
 動揺した乗員を交代して運転を再開したところ、翌朝の午前1時10分、ノースカロライナ州ローランドの踏み切りで、今度はトラック・トレーラーに衝突しました。この事故で客車2両が脱線し、機関士を含む21名が病院に運ばれました。乗員を再度交代してなんと列車を再出発させましたが、またもや午前2時37分、警報を無視して踏み切りを渡ろうとして乗用車に正面衝突したそうです。
 ここに至って、国家運輸安全委員会は、エンジンの性能等に疑問をさしはさむべく理由がなかったにもかかわらず、このアムトラック117号を「不良車」処分としました。


 英語の「chance」が、「物の落下の仕方」を意味する古フランス語の cheance から派生されたことからもわかるように、「偶然」は当初からさいころ賭博のまやかしを包含しているように思われます。
 幸運や悪運は存在するものです。相関性のない、個別であるはずの出来事が偶然に束になって起こると、われわれの度肝を抜くことになります。

 シルバー・ミーティク号はあまりに運がなかったのですが、不思議なほどに幸運が連続する人もいます。


 カジノに、「クラップス」という、客がサイコロを2つ投げ、出目の合計で勝敗を決める単純なゲームがあります。
 ・最初に7, 11が出ると勝ち。
 ・最初に2, 3, 12が出ると負け。
 ・他の目、4, 5, 6, 8, 9, 10が出た場合、その目がポイントとなる。 ポイントが確定した後、そのままサイコロを振り、ポイントを再度出すと勝ち、7を出すと負け。ポイントおよび7以外は投げ直す。
 ・負けると、振り手をほかの客に交代する。

 確率計算によれば、振り手は五分五分よりほんの少しだけ不利、つまり長くやっていれば胴元が有利になります。

 しかし、1950年、ラスベガスの「デザート・イン」で、ある男はなんと28回続けて勝ち目を出し、カジノに莫大な損害を与えたそうです。
 

 また、「ミセズ・ホジキンの奇跡」という話を、井崎脩五郎が著書で紹介しています。

 1964年のノーベル化学賞を受賞したドロシィ・マリー・ホジキンは、1947年に37歳の若さで史上初のロイヤル・ソサエティの女性会員になった才媛ですが、生涯に一度だけ、競馬場に足を運んだことがあります。
 それは、1955年6月8日、英国ダービーが行われた日のエプソム競馬場でした。
 第1レース、単勝オッズ36倍の伏兵ミストラルキングが勝ちましたが、ホジキン女史は、この馬の単勝馬券を持っていました。しかも、ミストラルキングの単勝馬券以外、何も買っていませんでした。
 ビギナーズラックのまぐれ当たりだったと思われますが、この女性化学者の幸運は続きます。デビューわずか3戦目のフィルドレークが勝ったダービーを含めて、なんと全8レースの単勝をすべて1点買いで的中させてそうです。

 偶然ではなく、なにか秘訣がもしあれば、是非ひそかに教えてほしいと思います。