スマート、クラウド、ビッグデータ2012-05-07 22:12:25

 スマートフォン、スマートTV、スマートハウス、スマートシティ......近頃は「スマート」が流行っているようです。

 この場合、本来の「利口な」、「洗練された」と言った意味からやや逸脱し、むしろ多くの機能が「融合」されたものを表すのに使われているような気がします。


 情報科学の分野では、いつも様々なカタカナ語が生まれて、流行ったり、消えたりします。時代の流れとともに、多くのバズワード(buzzword)が、いつも間にか死語になっています。
 例えば20年前に人口に膾炙した「ファジー」など、いまではほとんど聞かれなくなりましたね。
 ニューラル・ネットワーク、ダウンサイジング、バーチャル・リアリティ、ヘテロジニアス、ユビキタスなども、死んでいるわけではないでしょうが、ブームだった頃に比べると、目にする機会がだいぶ減っています。


 いま「旬」のキーワードと言えば、ひとつは冒頭に上げた「スマート」で、あとは「クラウド・コンピューティング」や、あるいは「ビッグ・データ」とかが、流行しているようです。
 テクニカル・タームに留まらず、「クラウド」はとっくにビジネスになっているし、「ビッグデータ」もそうなる勢いがあります。

 こういうバズワードは時代とともに生きるものですから、逆に流行のバズワードから、時代の傾向が見えるかも知れません。


 ちょっと前まで、この高度情報化社会は多くの情報が氾濫している、と言うと、情報の海に溺れているようなイメージが連想され、若干マイナスな意味で捉えられがっちです。
 「情報爆発」もそうで、情報を管理する事の難しさばかりが注目され、情報オーバロードと懸念されたりしまう。

 しかしどうも、いまは違うようです。
 データ工学の権威である喜連川優教授によれば、むしろ積極手に情報を爆発させるべき、だそうです。
 人間がしゃべる情報だけでなく、無数の機械やセンサーがしゃべるもっとたくさんの情報を、インターネットの向こうのクラウドに賢く格納し、賢く検索、分析して、新たな価値を創出するテクノロジーが望まれています。

 例えば、従来のカーナビは、特定の個人が、予め決められている用途に使う道具です。しかし、未来の車載システムは、遥かに膨大な情報を融合して、スマートに扱えるようになるかも知れません。
 ドライバには、道路の混雑具合、ドライバの運転技術など様々な要素を考慮した推奨ルートや到着予想時間が知らされるかも知れません。保険会社では、車の種類・年数だけでなく、ドライバの運転の仕方(急発進、急ブレーギの回数とか)、よく通るルート(事故多発地帯か)などから、適切な保険料を算出できるかも知れません。国土交通省は、いまの交通予測よりも精度の高い情報に基づいて、路線を建設し、適切な時間帯に修理工事を実施できるかも知れません。


 なんだか、素敵な未来が待っているような気がしました。

 いや、本当にそうなのでしょうか?
 まず、これらの情報は一体誰のものか、ということだけでも僕などは気になってしまいます。
 上の例で言えば、プライベートが侵されないように、個人を特定できないように処理さえすれば、カーナビなどで収集した情報を、メーカや販社が統計して使ってよいものでしょうか?

 マーク・ザッカーバーグは、世界中の人たちがもっとオープンに意見を言い合い、オープンに結びつけば、素敵な世の中になると信じて、実名登録を基本とするFacebookを作ったそうです。
 問題は、近頃欧米で話題になっている「Facebook疲れ」の話を聞くと、誰もがそう思っているわけではないらしいです。

コメント

_ 花うさぎ ― 2012-05-08 09:37:13

急速に更新される膨大な情報に自分の技量でどういうふうに対応するかと考えると、
難しく思えてしまいますが、情報は外付けHDDに任せて、必要に応じて引き出せばよいわけですね。

>ドライバの運転技術など様々な要素を考慮した推奨ルート

あ、これ、ぜひ欲しい機能です。
私が使っていた(現在は故障して使っていない)カーナビの言うことを聞いて運転していると、とんでもない隘路に導かれてしまうことが多かったので。
何度も狭い農道のようなところでトラックとすれ違ったりなどするはめになりました。きっとそのせいで私の寿命は3年くらいは縮んだと思います。

_ T.Fujimoto ― 2012-05-09 07:56:23

花うさぎさん、おはようございます。
すみません、書きかけのものを、誤って「公開」にしてしまいました。手違いと言っても公開してしまったものなので、手直しを最小限に抑え、だらだらとしてまとまりがないですが、ほぼそのままの形で残しました。

運転技術というか、ユーザーの隠れた嗜好なども反映して、いまよりも精度の高いものを提供できるようなると良いですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2012/05/07/6439516/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。