にわか魚屋の呼び売り2011-05-04 00:11:18

.
 初カツオを書きました(http://tbbird.asablo.jp/blog/2011/04/12/5801133)が、ついてに適当に検索したら、「時に范蠡鰹はいくらするな」という江戸川柳が出てきました。江戸の人たちがいかに漢籍に通じ、中国の歴史に親しんでいたかを、改めて感じました。

 范蠡(はんれい)は中国春秋時代の人、例の「嘗胆」の勾践に仕えた名臣、政治家です。
 フィクションかも知れませんが、勾践が呉に敗れて姑蘇城に監禁されていたとき、魚商に扮して主君に話を伝えたくだりが、日本では「太平記」に出ています。

 冒頭の川柳は、値があってないような高価な初カツオの値段を行商の魚屋さんに聞く、それだけの話ですが、故事にあやかって魚屋さんを「范蠡」に置き換えて、なんとなく格調が高くなりました。

 同じく「誹風柳多留」に見える川柳に、「范蠡恥ずかしさうに魚を呼び」というのもあります。
 本職でないゆえ、呼び売りの声も、どこか恥ずかしそうにしていたんだろう、という想像からですね。

コメント

_ 阿香 ― 2011-05-16 16:45:34

T.Fujimotoさん、こんにちは。
「阿香の廣東話日記」の阿香です。
『一博一品』の記事に対しコメントを下さってありがとうございました。

江戸の人たちはすごいですね。
今の日本人に「范蠡が・・」と話しても「ああ、勾践に仕えていたあの軍師?」っていう反応はまずかえってこないですよ。私は、大陸で2007年に放映された電視劇「臥薪嘗胆」(主演:陳道明・胡軍)が大好きで、何回も見たので范蠡の事はたまたま知っていましたが、残念ながらこの電視劇には范蠡が魚商に扮するエピソードは盛り込まれていなかったため、この件に関しては、今回初めて知りました。おかげで勉強になりました!ありがとうございました。

_ T.Fujimoto ― 2011-05-16 23:24:13

阿香さん、こんはんは。
「天莫空勾践、時非無范蠡」がかつて文部省唱歌にもなり、昔の人には馴染み深かったと思いますが、いまの日本では知る人が少なくなったのでしょうね。

姑蘇城の獄中で苦しむ勾践を励ますため、范蠡が魚商に扮しながら、詩句を腹に隠した魚を投げ入れるくだりは、とても劇的で、テレビドラマにも取り入れてほしいものですが、やっぱり盛り込まれていなかったのですね。
実はこの話、「太平記」にはあるものの、漢籍には記載が見当たらず、「日本独自の脚色か?」と推測した文章を、前に読んだことがあります。
そういう意味でも、フィクションであるかも、と記事に書きました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2011/05/04/5842725/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。