革命志士とインドカリー2011-05-06 04:40:22

 自殺志望の青年の投書に対し、雑誌の人生相談欄を担当していた寺山修司は、「君は新宿中村屋のカリーを食べたことがあるか?なければ食べてから再度相談しろ」と返答したそうです。

 名高い中村屋の純インド式カリー・ライスは、創業者の相馬愛蔵・黒光夫婦が開発、販売し始めたものですが、インド独立運動のリーダーだったラス・ビハリ・ボースが深く関わっていました。


 芥川賞の受賞作を読みたくて、文藝春秋のバックナンバーを借りましたが、秘められた恋の特集のほうに、つい目が行ってしまいました。
 そのなか、ラス・ビハリ・ボースと新宿中村屋の娘・俊子さんの話も取り上げられています。

 前に読んだ出久根達郎の随筆によれば、ボースは子供の時から革命志士の本を読みふけていました。英国からの独立運動に身を投じ、そのうち総督に爆弾を仕掛け(未遂)、おたずね者となりました。その頃、詩人のタゴールが日本を訪れることを知り、タゴールの親族だと装い、偽名で日本に逃亡しました。
 英国が察知し、日本に引き渡しを要求すると、日本政府は退去命令を発しましたが、これに怒った頭山満らアジア独立主義者たちは、新宿中村屋の相馬愛蔵にラースをかくまうよう依頼しました。
 亡命者を助けるのが日本人の仁義ではないかと、相馬夫婦は店の裏のアトリエに忍ばせました。その際、愛蔵は三十余人の店員にも一切を隠さず、協力を頼みました。よくうち明けてくれましたと、店の人たちも感激し、いざとするときは命を張ると決意し、密告する人は出なかったそうです。
 それと、文藝春秋の記載によれば、連絡係を長女の俊子さんが行ったそうです。

 頭山満たちの働きかけもあって、ラス・ビハリ・ボースの国外退去命令が撤回されました。しかし英国政府の追及の手はなおも続き、日本各地を転々とせざるをえない状況でした。1918年にボースはかねてから恋仲にあった俊子さんと結婚し、1923年には日本に帰化しています。俊子との間には2人の子供をもうけたものの、俊子は1928年に28歳の若さで亡くなりました。


 ラス・ビハリ・ボースが中村屋にかくまわれていた頃、急に牛肉をたくさん買いに来る人はいないかと、警察は東京の肉屋を一軒ずつ当たっていたそうです。日本人で牛肉を食する人はまだ少なかったが、外国人だから牛肉を食べるだろうと推測したのでしょう。
 宗教の関係上、インド人は牛肉をほとんど口にしないのを知らないのは、警察側捜査担当者の不勉強だったのでしょう。

コメント

_ 村長 ― 2011-05-06 07:16:08

インドカレー大好きで、ほぼ週イチで食べてます。何を隠そう、上京後初めての外食が新宿中村屋のカリーでした(笑) ボースの話も聞いたことはありましたが、改めて読んで、すごい生涯だったんだなぁと思いました。まさに事実は小説より奇なりですね。

_ つぼみ ― 2011-05-07 20:23:05

前に山崎朋子の本を読んだ時、これと関連している内容がありました。新宿中村屋のカレーを何回も食べたことがあります。以前はカレーの味だけ、今は彼の味も。

_ T.Fujimoto ― 2011-05-08 02:47:44

村長さんなら、きっと美味しいカレーを食べられているかと思いましたよ(笑)
小説より奇なる生涯は、人が、そしてなにより時代が作っているような気がします。時代の大きなうねりに翻弄されながらも、人々が懸命に志を全うしようとしたとき、その人生に異彩が放ったのではないでしょうかね...

_ T.Fujimoto ― 2011-05-08 11:04:28

つぼみさん、この話を写しながら、実は新宿中村屋のカレーはまだ食べたことがないです (^^;)
山崎朋子さんの本というのは、もしかして相馬黒光について書かれたものでしょうか?未読ですが、中村屋創始者の相馬夫婦はボースをかくまっただけでなく、多くの文人、芸術家のパトロンにもなっていたそうですね。

_ つぼみ ― 2011-05-11 22:51:49

確かに「女性交流史」の中に相馬夫婦について書かれたことがあります。また中村屋の中の雰囲気がすきです、有機會去體驗一下吧。

_ T.Fujimoto ― 2011-05-13 23:21:27

つぼみさん、教えて頂き、ありがとうございます。
「女性交流史」は未読ですが、出久根達郎あたりが取り上げられたのを読んだ記憶があります。機会があれば探してみます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2011/05/05/5846073/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。