【読後感】「御書物同心日記」出久根達郎2007-01-10 02:13:05

.
 年末年始、近所の「復活書房」で大規模な100円セールをやっていたので、散歩がてらに何冊かの古書を引き取らせて頂きました。
 そのなかの1冊、というわけ、ではありません。

 売り場のほぼ半分が100円セール用で、100円セールでない反対側の半分も、一応適当に見回ったが、「続・御書物同心日記」というタイトルがふっと目に入りました。
 あっと、目を見張りました。
 そう、思い出しました。そのようなタイトルの本を前に購入して、確かに未読のまま、どこかに、ほったらかしていたような気がしました。

 家に戻って探してみれば、はたして、講談社文庫から出ている「御書物同心日記」が、ありました。その「続編」の前編にあたるものと思われる書籍(ややこしい言い方だが)は、本棚の裏のほうに、ぽこんと落ちてました。
 
 懺悔の気持ちも多少あり、新たに入出したものよりも、こちらを先に読みました。
 これが、良かったのです。


 江戸時代の紅葉山に、将軍家代々のご蔵書を保管する、紅葉山御文庫という場所がありまして、この小説の主人公・東雲丈太郎や同僚の白瀬角一郎などはそこで働く御書物同心、すなわち、将軍家ご蔵書を守る、整理する仕事を職とする人たちです。

 時代背景は江戸の世、御書物同心は基本的に世襲の武家ですが、この小説には、無敵な神技を見せる剣士も、神出鬼没の忍法を操る伊賀者も、野心に満ちた悪代官も、時代小説によくいるキャラは一切出てきません。
 同心たちにとって、最大の行事は土用のお風干し、つまり本の虫干しだったりします。

 しかし、どんな仕事もその仕事でしか味わえない喜びがあると、作者は言います。
 本好きな同心たちは、もしものことがあるとお咎めを受ける緊張のなかも、秘蔵な珍本を拝める機会を、大いに楽しみにしていた様子でした。

 ちょっとした謎ぽい伏線を残し、なるほどそうかと合点させて、また思い切り裏切ったりする悪戯ぽさ。
 和事でも荒事でもなく、派手に見栄もきらず、同心たちとその周りの人々の何気ない日常の、力を入れたり抜いたりする描写力。
 素晴らしいとしか言いようがありません。

 その作者・出久根達郎さんの本職は、知る人ぞ知る、古書店の店主です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2007/01/10/1103792/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。