直木三十五2013-12-19 22:58:52

 だいぶ前の話ですが、本を買いにTSUTAYAへ行くと子供が言うので、千五百ポイントぐらいたまっているから使っていいよと、僕のTポイントカードを渡しました。受け取りはしながら、ふ~ん、TSUTAYAってTポイント使えるのか、と疑われてしまいました。

 似たような話もあります。
 詳細は忘れたが、直木賞の話を子供がしていたので、本棚から「直木三十五伝」(植村鞆音、文芸春秋)を見せたら、誰それ?その人も直木賞を取ったことがあるのか、とまず聞かれました。


 なるほど、直木三十五はすっかり読まれなくなった作家のひとりですね。賞に名前に残していなかったら、もしかして読み方すら忘れられているかも知れません。(現に、なおきみそご、と読んだ人を若干一名ですが、知っています...... )

 作家の本名は植村宗一、31歳の頃「時事新報」で月評を書き始めたときのペンネームは「直木三十一」でした。以降、誕生日を迎えるたびに、直木三十二、直木三十三と改めていくが、なぜか34歳のときも直木三十三のままだったようです。
 直木三十五に改名した大正15年、鳴り物入りで執筆した長編小説が「去来三代記」という作品です(「大衆文藝」の5月号から12月号まで連載)。
 当時の広告に、「直木三十五なる男一生一篇の長編小説で、『大衆文藝』のみでは二十年かかる予定である。」と書かれましたが、結局はそれほど長くは続かず、8回のみで連載が終わってしまいました。
 しかし、この途中で筆を措いた島津三代記の大構想こそが、昭和4年の「由比根元大殺記」を経て、昭和5年の代表作「南国太平記」引き継がれてゆく、転機となった作品だと言っても良いです。


 出久根達郎の随筆によれば、35歳の頃に売れたために改名するのをやめ、直木三十五の筆名をそのまま亡くなった43歳まで使い続けました。しかし異説もあり、三十六計逃げるに如かず、と茶化されるのが嫌だったゆえ、三十五で打ち止めとしたそうです。

 考えてみれば、「直木三十五なる男一生一篇の長編小説」という言い方もおもしろいです。
 むしろ直木三十五で人気が出ず、早速翌年に直木三十六になっていたほうが、あの作品は直木三十五なる男一生一篇の長編であると、それこそ言えるはずです。

コメント

_ 蓮 ― 2013-12-20 22:46:12

恥ずかしながら、「さんじゅうご」と素直に読むとは知りませんでした。
小学校時代のクラスメートに五男君というのがいて、その弟は六男、その下は留男君でした。

_ T.Fujimoto ― 2013-12-22 00:09:38

蓮さん、こんばんは。
僕はむかし、山本五十六をヤマモト・イソムと読んでました(笑)。
人名にはすべてルビを振って欲しいと思うことがしばしばです。最近のキラキラネームもなかなか読めないし、昔の人の名前にも頭を抱えるばかりです。
プロレタリア作家の前田河広一郎のことをマエダさんだと言った人に対し、古本屋さんがマエダガワ・コウイチロウですよ、と訂正したが、後で調べてみたら、マエダコウ・ヒロイチロウでした。そういうこともありますが、読めと言ったほうが無理ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2013/12/19/7124935/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。