サムライの作法2016-03-20 11:21:47

 もし江戸時代の侍が、たまたま傍輩同士が喧嘩を始め、うち一人が刀を抜いたのに出会ったら、どうすべきなのでしょうか?

 「こんな本があった!江戸珍奇本の世界」(社団法人家の光協会)は、古典秘籍の宝庫である西尾市岩瀬文庫(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B0%BE%E5%B8%82%E5%B2%A9%E7%80%AC%E6%96%87%E5%BA%AB)の目録作成に携わった塩村耕氏の著作であり、文庫に納められている珍奇本の数々を紹介しています。
 そのうちの一冊、侍の生き方マニュアルとも言うべき「八盃豆腐」を紹介するページは、冒頭にあるような問いかけから始めています。

 まず、脇に控えて見守りべきです。
 もし、どちらかが親類か親しい友人で、その人が危うく見えたなら、助太刀をして相手を打たせてやります。もし、両者とも普通の関係なら、一方が打たれたら、相手に申し含め、近辺の寺へ同道して付き添い、人をやって藩に届け出るべき、だと書かれています。
 仲裁に入り、仲直りさせたりするのはよろしくなく、刀を抜きかかった方が「あほう払」の罪」(両刀を取り上げられ追放する屈辱的な刑罰)に処せられるゆえ、です。

 傍輩が家来を手討ち損じ、逃れた家来が自分の屋敷に駆け込んだ場合、道中で家来に持たせたヤリが他家の侍に奪い取られた場合、残罪者を連れて刑場に向かう途中、大寺の高僧が囚人に袈裟を掛け、身柄渡しを懇願して引き下がらない場合など、ほかにも難しい局面についていろいろ書かれているらしいです。


 義と名誉のためには命も投げ出せるのが武士道ですが、こういう侍たち特有の行動規範が、もしあたり前にすべて侍が心得ているなら、教訓書すら無用だったはずです。やはり二世紀半の長い平和な時代に、武士たちのモラルが緩んでいたのでしょう。

 実際、先日読んだ「サムライとヤクザ―」(氏家幹人、ちくま新書)によると、明治維新前のまさに江戸幕府が伸るか反るかの動乱期、幕府軍でよく戦った戦士たちは、元からの侍ではなく、駕篭かきや火消し、博徒など、町の荒くれ者だったそうです。
 戦乱の世から泰平の世への転換と軌を一にして、戦士の作法だった男道は徐々に色褪せし、役人の心得であるほうの「武士道」へと様変わりした、という話でした。

コメント

_ 蓮 ― 2016-03-21 00:14:21

何だか元気のない企業ガバナンスのマニュアルみたいですね。
でもギラギラした血気にはやる武士よりは親しみを感じますね。

_ T.Fujimoto ― 2016-03-26 14:12:55

蓮さん、こんにちは。
元気のない企業ガバナンスのマニュアルですか?なるほど。戦国時代や江戸でも初めの頃なら、侍たちはもっと血気盛んだったのでしょうね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2016/03/20/8053924/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。