越えられない壁、渡れない橋の向こうの浄土2015-09-15 08:24:17

.
 もう一ヶ月間は経ってしまいましたが、この夏休み中、縁があって、横浜美術館で開かれた「蔡國強展:帰去來」を観覧しました。(http://yokohama.art.museum/special/2015/caiguoqiang/

 寡聞にしても私は知らなかったのですが、蔡氏は2008年の北京オリンピックでは、開会式・閉会式の視覚特効芸術監督を務めた、昨今話題の芸術家だそうです。
 火薬の爆発による絵画等、独創的で迫力のある作品が多かったが、なかでも「壁撞き(かべつき)」という作品、99匹ものリアルな狼が列を作り、ガラスの壁に飛び込み、激しくぶつかる様が、強く心に残りました。

 但し、この作品にはどこかで既視感がありました。
 間違いなく初見でありながら、です。


 いまになってなんとなく思い出しました。
 上の絵が、江戸時代の絵師、曾我蕭珀の「石橋図」です。それぞれ個性的な表情、姿が与えられた無数の獅子たちが、川を越え、危険極まりない天台山の石橋に挑んでは絶壁から谷底に落ちていく様子が描かれています。
 なぜ獅子たちは押し合いながら、天険に挑んでいくかは不明です。

 崖から落ちた獅子たち、ガラスの壁にぶつかった狼たち、どちらも性懲りもなく再び立ち上がり、そして再び難関に挑むように見受けられる構図です。
 なんとなくですが、輪廻の怪しさと悲しみを思い出させます。