前世紀の雑誌いろいろ(6) ~The Blood-Horse誌2015-01-13 23:29:31

.
 「The Blood-Horse」は、米国のBlood-Horse Publications社が発行している週刊誌です。

 本誌は、重要レースの結果とその回顧、競馬界の情報、馬産や牧場管理に関する話題などを取り扱っています。創刊は1916年と古く、日本での発行はありませんが、北米ではもっとも歴史が長く、知名度の高い競馬情報誌だと言えます。

 僕は1996年の春から1998年の秋まで、約2年半の間、この雑誌を定期購読していて、アメリカから郵送してもらっていました。
 最初は航空便にしていたが、郵送費が高くて、途中から船便に変えてもらった記憶があります。


 いまもそうなのかを確認できていませんが、少なくとも僕が購読していた頃、この雑誌のページ表示は年間の通し番で表記されています。
 週刊誌だけあって、年間の通算ページ数が7000ページ近くまで上ったりします(週ごとのボリュームにばらつきが結構あり、薄いときは100ページぐらいですが、ブリーダーズ・カップの結果を掲載する週だと200ページを超えることもあります)。
 さすがにこのペースは、僕には速すぎて、積んでおくのもかさばるので、結局未読のままで処分したりしました。
 いま残っているのは、上の写真に写っているものがすべてです。

 実は、この雑誌を定期購読すると、いろいろなおまけが付いて来ます。

 例えば、毎年のケンタッキー・ダービーの前に、100ページ超えのOfficial Souvenir Magazineが送られてきます。(写真の左側の3冊は、その1996年から1998年のものです)
 また、年4回、クォーターごとに全米各競馬場で行われるステークス競走の実施日、距離、登録料などが一覧で記されている、National Stakes Conditionsと称する冊子が送られて来ます。(写真の右側、半分しか写っていないのがそれです)
 ほかもいろいろあって、例えば、いきなり送られてきた「SIRES for '97」という本は、ほとんど種牡馬の繋養牧場による広告だと思いますが、厚さが2センチぐらいありました。
 極め付けは、いまはオンライン電子版になっているBlood-Horse Stallion Register(http://www.bloodhorse.com/stallion-register/)です。その紙媒体の1998年版が手元にありますが、5センチを超える厚さを誇っている代物です。(定価39.95ドル、とありますが、こんなのを申し込んだ記憶がなく、勝手に送られてきたような気がします......)