馬娘婚姻譚ほか2014-07-27 10:44:02

.
 「昔あるところに貧しき百姓あり。妻は無くて娘あり。又一匹の馬を養ふ。娘此馬を愛して夜になれば厩舎に行き寝ね、終に夫婦に成れり。」
 「遠野物語」(柳田國男)でに出てくるこの怪談を、現代風にアレンジしたのが、最近読んだ、井上やすし著「新釈遠野物語」(新潮文庫)の中の一篇「冷やし馬」です。

 馬がシロで、娘が青江、語り手である犬伏先生が、青江との縁談を村長に断った場面が面白くて、笑えます。
 「青江とはなら結婚してもよいといまでも思っています。だけど青江には別に好きな男がいますよ。とうていまとりますまい。」
 「青江に好きな男......?」
 「正確に言えば、好きな牡です。」
 「......」
 「シロと青江は相思相愛なのですよ。」
 村長は怒ったような顔になって、「犬伏先生もずいぶん手の込んだ断り方をなさる。」
 と言い捨て、畳を蹴って出て行った。


 「遠野物語」は、「ある夜、父はこのことを知り、て、そのつぎの日に娘には知らせず、馬を連れだし桑の木につり下げて殺したり。......(娘が)死したる馬の首にすがり泣きいたりしを、父はこれをにくみ斧を以て後より馬の首を切り落せしに、たちまち娘はその首に乗りたるまま天に昇り去れり。」と続いていくので、とても笑い話では済みませんが。

 これがオシラ様の成り立ちだそうです。
 冒頭の写真は、ずいぶん昔に入手した書物ですが、「馬娘婚姻譚」(今野圓輔著、岩崎美術社)は、「オシラ祭文」を中心に整理した論文です。

 この話もオシラ遊びの祭文も、もとは中国から伝わってきたものだと思われます。
 上記の本も、「捜神記」、「太古蠶馬記」、「神女伝」の記述を併記していますが、馬皮蠶女、馬頭娘、どれも同工異曲です。(http://zh.wikipedia.org/wiki/%E8%9A%95%E5%A5%B3

 なるほど、話の後半の、馬が死んで、馬皮が娘をさらって昇天し、やがて蚕となるくだりは、まさにオシラ祭文の筋と一致しています。ところが、中国の話の「父を連れ帰った者に嫁がせる」という話は日本側の伝承にないです。
 代わりに、「遠野物語」もそうですが、オシラ祭文のどれも、娘が飼馬のあまり立派なのにほれ、お前が馬でなく人間だったら夫婦になろう、と言ったのをきっかけに、馬が娘に想いかけるようになったと語られています。


 「蚤虱 馬の尿する 枕も」
 松尾芭蕉の歌です。
 昔、中部地方から東北地方にかけて、農家の馬屋は母屋の中の土間続きにあり、枕元に馬が小便する音で目が覚めるのであります。
 馬屋のにおいも家に染み付いているでしょうし、人と馬の距離が近く、人馬同居は普通の田舎風景だったと思われます。

 「それが朝夕の世話は、若い娘や嫁たちがあたるのである。やさしく愛ぐむ人たちの情は、物言わぬ馬にも通ずるのが自然であろう。」という奥州五戸で育った能田さんの文章が、ひとつのヒントになるかも知れません。


 ちなみに、「人・他界・馬」(小島瓔礼編著、小嶋東京美術)に収録されている「魔の馬の足跡~中央アジアの宗教表象からユーラシアへ」に、古代インドの「リグ・ヴェーダ」の時代から行われていた牡馬の犠牲祭アシュヴァ・メーダ」の話が書かれています。犠牲の馬を殺したとき、祭主である王の第一妃が馬によりそい、祭官がその馬と妃を布で覆う儀式があるそうです。

 この儀礼は、一歩移行すれば、女を馬の剥ぎ皮でくるむという形になり、また、それは天の岩屋の神話の、斑馬の皮を投げつけられた機織り女の姿でもある、と、この著者は説いています。