骨を見て、象を想う2013-09-08 13:40:28

.
 すでに終了しましたが、先月の下旬まで、京セラドーム大阪で「世界大恐竜展」が行われました。(<http://worlddino2013.com/>)

 ポスターに大きく描かれているティラノサウルスは、僕が小さいときに図鑑で見た絵とはかなり印象の違うもので、なにしろ、体中のかなりの部分が羽毛に覆われています。
 最近の学説では、ティラノサウルスは爬虫類のような変温動物でなく、活動的と思われる骨格構造などから、鳥類と比較的近縁にあり、恒温動物であった可能性は高いとされています。


 長い歳月を経れば、羽毛や筋肉はなかなか残るものではありません。しかし、骨は化石として我々の目の前に残ってあります。
 ライアル・ワトソンが言うには、名人にかかれば、ただの骨も案外饒舌になります:
 「放っておけば、骨は無言だ。しかし名人の手にかかると、骨は歌い始める。一番いい歌を引き出すには、特殊な感性、ある種の科学的千里眼を必要とする。その能力をもつ者はめったにいないが、才能があるものなら骨をうまく説得して、予言ではなく、我々人類の過去にまるわる秘密を語らせることができる。」(「アフリカの白い呪術師」、村田恵子訳、河出書房新社)


 中国古代の書物「韓非子」の「解老篇」に、以下の文章があります:
 「人希見生象也,而得死象之骨,案其圖以想其生也,故諸人之所以意想者皆謂之象也。」

 二千年以上の前の中国では、人々は生きている象を見ることはめったにありません。死んだ象の骨を見て、象の姿を推測し、生きている象を想像します。
 ゆえに、人々が頭のなかで想いうかべるものが「象」と言い、つかまり、「想像」とは想「象」から来る言葉、ということになります。

 所詮は「瞎子摸象」だと言うなかれ、想像力は我々を過去と未来につなぐ、とても大切な力です。