淡島寒月と内田魯庵2013-08-25 23:10:14

 「内田魯庵 ~魯庵の明治」(講談社文芸文庫、山口昌男・坪内祐三 編)を読んでいます。
 「病臥六旬」と題する文章で、魯庵が淡島寒月を悼んでました。

 と言っても、淡島寒月の名は知らない人が多いかも知れません。昭和8年にこの人遺稿集をまとめた書物研究家の斉藤昌三が、もはや忘れられた人だと嘆いてました。いや、内田魯庵によれば、亡くなったときは新聞でもほとんど報じられず、当時でさえ「名は若い文人には耳遠いかも知れません」と記しています。

 寒月の生家は日本橋の馬喰町、軽焼きの豪商であり、父親は淡島椿岳、画家としても知られています。
 若いときは大変な西洋かぶれでした。魯庵が尾崎紅葉の紹介状を手に初めて寒月の家を尋ねたのが明治21年、番地を探しあて、門外に日本字が無く、H.AWASHIMAという表札があるだけなのに、面食らったようです。
 明治初年、珍しかったピアノを、弾けもしなかったのに二台も買ってもらいました。十代で英国人に語学を学び、キリスト教に親しみ、常に洋装で椅子テーブルで生活し、四角い柱は日本臭いからと丸く削らせたほどでした。
 一方で古本屋を冷やかし、床が抜けるほど古書を買い漁りました。西鶴を再発見し、世間に広めたのは淡島寒月の功績です。何事もあまり執着しない性格のようで、一旦手に入れた多くの珍本稀籍も、求められるまま知人や希望者の手に渡したそうです。
 名利を求めず、金勘定すらできず、一応職業は画家になっていますが、「礼をくれる人から貰うが、礼をくれない人にも同じ画を描いてやる。」と本人が言ったように、商売っ気がなかったのです。
 元禄文学の隠れた先駆者であり、俳人、画家、江戸通、あるいは玩具収集家として知られます。出久根達郎の随筆によれば、世人は寒月を指して、江戸明治の生き字引、あるいは江戸なごりの通人と称したのは、博覧強記の風流人であったからですが、ほかに評価のしようがなかったのも、確かです。

 淡島寒月よりは年下だと思いますが、長年交友を続けた内田魯庵のほうも、やはり博識で知られ、文壇以外の世界にも関心が広かった人です。江戸文学や風俗についての考証や、銀座と築地の思い出を書いた文章などは、史料的価値が大きいと思います。

 また、首記の本の編集者に坪内祐三が名を連ねるところも、僕などには興味深いところです。
 淡島寒月、内田魯庵、坪内祐三と言った人たちは、趣味が広い分野を渡り、万巻の書物を耽読し、ある程度金銭に余裕のある高等遊民のような側面に、共通点があるような気が私はしますね。