なんちゃってアイドル論~笠森お仙の場合2013-07-12 06:19:33

 13歳の頃から家業の水茶屋「鍵屋」で茶汲み女として働くお仙は、当初から美少女の評判が高かったそうです。

 18歳になり、いよいよその人気がうなぎのぼり、お店もおかげで大繁盛になっただけでなく、錦絵や絵草紙はもちろん、お仙双六、お仙手拭といったグッズも出現しました。
 肖像権などあろうはずもない時代で、神社でお仙人形が奉納されて話題となり、お仙ちゃんをモデルにした狂言まで公開されました。明和5年から翌6年、谷中笠森稲荷門前の水茶屋のお仙をめぐり、大フィーバーが起きました。
 吉野大夫や高尾大夫といった遊郭のスターがすでに誕生していましたが、花魁でもないし、芝居をするわけでも歌を歌うわけでもない素人が、単に美少女というだけで大スターになったのは、おそらく江戸でもお仙が初めてだと言われています。

 そのうち、ライバルも登場しました。「お仙ちゃんに負けないわよ」と気勢を上げたのは、浅草観音の裏、銀杏の木の下の楊枝屋「柳屋」の看板娘柳屋お藤です。こちらも錦絵や手拭が登場し、「なんぼ笠森お仙でも、銀杏娘にかないやしまい」という応援歌も飛び出しました。
 それでも明和6年に出版された「新板風流娘百人一首見立三十六歌仙」では、冒頭にお仙が描かれ、「大極上上吉」にトップランクされました。

 ブームはなおしばらく消えそうにないと思われましたが、明和7年の2月から、お仙を一目見ようと谷中に詰め掛けた男たちが目にしたのは、なぜか父親の五兵衛だけ、となりました。
 「とんだ茶釜が薬缶に化けた」という流行語まで生まれたそうです。

 お仙が消えた理由についてさまざまな憶測が流れましたが、なんのことはなく、幕府旗本御庭番で笠森稲荷の地主でもある倉地甚左衛門に請われて嫁に行ったのです。当時、身分違いの間の婚姻は厳しかったが、そこにちゃんと抜け道があり、武士の仮親を立て、お仙は武士の娘としてお庭番の家に嫁ぎ、80歳近くまで生きたそうです。


 アイドルの寿命は、いつの世も短く、幕が閉じた後の人生は、はるかに長いものでしょうね。

なんちゃってアイドル論~中森明菜の場合2013-07-13 00:18:13

 アイドルと言えば、先月に写真の品(↑)を手に入れ、4枚目まで見ましたが、この方の早熟な天才性に改めて気づき、舌を巻くばかりです。


 これ(↓)は1987年のFNS歌謡祭で「難破船」を歌ったときの映像です。
 
 擦り減るように歌うときの感情投入や、うっとりする美しさ、どれも22歳にして身に付けられたのが不思議なほどです。

 これ(↓)は夜のヒットスタジオで「ミ・アモーレ」を歌ったときのもので、まだ20歳になる前だと思います。
 新曲での初テレビ出演であり、歌った後も手の震えが止まらないほど緊張していたようですが、歌のほうにはそんな感じは微塵も見えず、格好良く、情熱的でした。
 
 20歳を前に、早くもアイドルの範疇を超越し、本格アーティストになったとの評価が当時からありました。持ち歌の幅の広さや歌唱力、それに他人に委ねずに衣装や振り付けまで自ら手がける創造性を、高く評価したうえの話でしょうが、なんのことはない、真のアイドルは、このような人を引き付けてやまない魅力こそ必要です。

 こちら(↓)の「セカンド・ラブ」は、17歳、デビューして半年しか経っていない頃の歌です。

 美少女っぷりが注目されていた頃ですが、それ以上、表現力の凄さに僕は驚きます。歌うときの演技力というのでしょうか、天才的でした。


 中森明菜、常にカメラアングルを意識し、指の先まで神経を配り、生演奏生歌のテレビ番組が多かった時代にベストマッチしていたアイドルだと言えましょう。

 早くから頂点に達したが、例の事件が起き、のちも健康面でいろいろ懸念が生じ、声のほうも調子の波が激しくなりました。しかし、なにより時代が変わりました。本日(7月13日)が48歳の誕生日であり、アイドルは常に時代とともに移り変わるもので、アイドルでいられなくなった後の人生がはるかに長いのが、これまた世の常ものです。

周ピアノ2013-07-25 00:07:17

 1910年代の横浜で製造された「周ピアノ」が、中華街の横浜山手中華学校に寄贈された、という記事が、ちょっと前にありました。
 <http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1305110008/>

 1906年、上海にあった英国のシュエツ商会の支店が横浜にできて、輸入ピアノの販売や修理などを開始しました。
 支配人・周宝生の弟・周筱生は職人であり、明治の末に独立し、元町の山手トンネル近くに「周興華洋琴専製所」をオープンしたのが、日本のピアノ製造業ことはじめだったそうです。

 大正12年(1923年)の震災で店が焼かれて、周筱生も逃げる途中で亡くなったとか、いや、レンガのかまどが崩れて亡くなったのは周兄弟の叔父とその子供だったとか、ソースによって情報が異なり、正しいことはわかっていませんが、大震災によって店が一度頓挫したのは確かです。
 しかし、後に周ピアノは再興され、S.Chewの刻印がされたその製品は、かなりの評判を得ていたようです。


 芥川龍之介に「ピアノ」という掌編があります。
 <http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/1130_15234.html>

 関東大震災の翌年、横浜山手の知人を訪ねて帰る際の話です。震災の廃墟に、月の光に照らされたピアノがあり、芥川が通りすぎたところ、突如、一音、ポンと鳴ったそうです。
 その藜の中の弓なりのピアノは、もしかして、S.Chewの刻印があった周ピアノだったかも知れません。