馬の歯2013-05-01 21:47:56

.
 中国の四字熟語に「馬歯徒長」というのがあります。馬キチとしてはずいぶん前から気になっていて、実はここの一周年のとき(つまり2007年の古い記事に)も、使ってみたことがあります。

 使っておきながら不謹慎にも、この「馬歯徒長」の「長」は、はたして「chang2」であるか、それとも「zhang3」であるか、実際のところ、あまり自信がないです。
 意味自体は概ね、自ら大した成果や業績を残せず、いたずら歳ばかり取ってしまった様を表すものだと思いますが、前者の発音だと歳とともに馬の歯が長く伸びる現象、後者だと歳ともに馬の歯が増えるという現象に因むことになります。
 一応後者の「zhang3」で僕は音読していますが、確かに馬の歯は長く、しかも歳とともに歯茎が後退してますます長くなるように見えるので、前者もありかも、と思ったりします。


 「Never look a gift horse in the mouth.」という英文を、最近目にしました。
 直訳すると、贈り物の馬の口の中を見てはいけない、ということになりますが、なるほど、「競馬の動物学 ~ホース・ウォッチング」(デズモンド・モリス著、渡辺政隆訳)のなかで言及された諺だなと、思い出しました。
 馬の年齢は歯を調べればわかる、という事実に基づき、贈り物のあら探しや品定めをしてはいけない、という意味で使われているようです。

 本を探し出してページをめくったら、デズモンド・モリスは以下のように詳しく書いています(文章が長いので、若干省略します):

 誕生時  生まれたばかりの子ウマは、上顎と下顎にそれぞれ二本ずつの小さな門歯しかない。それらは乳歯で、やがておとなの歯と生え変わる。
 生後四~六週目  上下の顎にさらに二本の門歯が生える。最初から中央に生えていた門歯の横に、それぞれ第二歯が生えるのである。
 生後六ヶ月目  上下の顎のすでに生えている歯の外側に、さらに二本ずつの門歯が加わる。これで子ウマには、上顎と下顎に六本ずつ、合計十二本の歯が生えたことになる。......それらの歯には「歯冠」があって、頂端がちょっとくぼんでいる。この歯冠は歯が摩滅するにつれて消失するもので、その消失の程度がウマの年齢を推定する決め手となる。

 ほう、歯が成長して長くなるだけでなく、摩滅して短くなる歯の形からも馬の年齢を推測するのですね。
 またまた続きます:

 生後一年目  第一歯の歯冠は消失し、頂端は磨り減ってすべすべになっている。
 生後一年六ヶ月目  第一歯と第二歯の歯冠は消失し、頂端はなめらかになっているが、第三歯にはまだ歯冠が認められる。
 生後二年目  すべての歯の歯冠が消失し、頂端はなめらかになっている。
 生後二年六ヶ月目  乳歯の第一歯が抜け、歯冠のある永久歯に生え換える。
 生後三年六ヶ月目  乳歯の第二歯が抜け、やはり歯冠のある永久歯に生え換える。
 生後四年六ヶ月目  すべての乳歯が抜けて、もっと大きくて歯冠のある永久歯に生え換える。
 生後七年目  第一永久歯の歯冠が摩滅してなめらかになっている。
 生後八年目  第二永久歯の歯冠が摩滅してなめらかになっているが、第三永久歯にはまだ歯冠がある。
 生後九年目  すべての門歯の歯冠が摩滅して消滅している。第一永久歯と第二永久歯には、デンタルスターという新しい特徴が現れている。かつて歯冠があった位置と歯の前部先端とのあいだに、黒っぽい短い線が出現しているのである。......
 生後十年目  すべての歯にデンタルスターが認められる。
 生後十三年目  歯の頂端は断面が丸くなっており、デンタルスターはまん中に位置する黒い点になっている。
 生後十五年目  上顎の第三門歯の外側に、歯茎から歯の中ほどにかけて縦溝が見られる。......
 生後二十年目  上顎の第三門歯の縦溝が頂端にまで達し、歯全体にわたって認められるようになっている。
 生後二十五年目  歯の上部から縦溝が消失し、下半分でしか認められなくなっている。
 生後三十年目  縦溝が完全に消失している。

 さすがに三十歳まで生きられる馬は少数ですが、この高齢までに至って、馬の歯の特徴は馬齢の推定に使えるのは、ある意味すごいことです。


 贈り物だったら、少なくとも贈り主の前に馬の口を開けて調べるのは憚れますが、馬商人から馬を買うときなら、ちゃんと口の中をチェックしたほうが良いでしょう。
 しかし、摩滅して平らになった歯の頂端を先の尖ったで削って歯冠を再現し、歳をとった馬を若駒のように見せる不肖な馬商人もいるようです。残念ながら、腐り縄で馬をつなぐようなもので、頼りにならないかも知れません。

御社殿2013-05-06 22:52:58

 会社の連絡文書では、相手社名の後ろに「殿」を付けることが多いです。

 だいぶ前に、一通のメールがまわってきました。
 「殿」は上から目線での書き方であり、少なくともお客さんに対して使うのは不適切です。付けるなら「様」を使うように、との通達でした。しかしなぜか指示は浸透せず、いまだに「株式会社○○○殿」で文書を始める人が多いようです。
 やはり慣れというのはあるもので、いつの間に○○○社殿という書き方がすっかり板につき、違和感もなくなったようです。

 そもそも言葉は不思議なもので、使っている間に言葉の格が変わったりすることがあります。
 「貴様」など、決して貶したり軽蔑したりする場合の言葉ではなかったはずです。「お前」も、今日では目下の者に対してさえ使うのを注意しなければならないが、字を見ればわかるように、元は「御前」です。「ごぜん」はいまでも目上に対する敬称で使うのに、です。

カリガリ博士と夢の国2013-05-13 22:58:15

 やっぱりYouTubeとWikipediaは偉大だと、改めて思う今日この頃です。
 1920年代、戦敗国ドイツでウーファ社が設立され、そこを根城に表現主義映画が生み出されました。この最後のサイレント時代の名作、本のなかでしか知らなかった「カリガリ博士のキャビネット」が、なんとYouTubeで見れます。


 併せて、Wikipediaの「カリガリ博士」を読んだら、どうやらこの映画のセットの制作に携わった人たちのなかに、ちょっと前から気になっているアルフレート・クビーン(Alfred Kubin)がいるそうです。

 ちょっとおどろおどろしい絵画を描く人ですが、僕が気になったのは、画家の一冊だけ残している小説のほうです。
 日本語のウィキペディアにはまだアルフレート・クビーンのエントリーができていないようですが、英語版のWikipediaには記載があり、「Die Andere Seite」という作品です。日本語で「裏面」、もしくは「対極」というタイトルで訳されているこの作品は、村上春樹さんの「世界の終わり~」の元ネタと噂され、かなり怪しい「夢の国」が描かれています。

 「夢の国」は、中国の西部とカザフ共和国の間に広がる天山山脈に位置し、モンゴル系部族に囲まれた中の碧眼の人々が作る小さな国です。
 「夢の国」の社会の一員として招待されるための選抜は、厳正に夢を信じる能力の有無にかかっていますが、招待が決定されても、旅行者は自分で「夢の国」への旅の手配をしなくてはなりません。すなわち、サマルカントから国境までキャラバンで向かい、そこで首都ペラル行きの汽車の切符を受け取ることです。

 Wikipediaの英語版にはまだこの作品のエントリーがありませんが、ドイツ語版にはあるようです。僕はドイツ語が読めませんが、世の中は偉い人がたくさんいるので、そのうち英語版や日本語版も作られるかも知れません。
 しかし、偉大なWikipediaにも微妙に記述が矛盾している箇所があり、すべて信用して良いとは限りません。
 例えば、いまアルフレート・クビーンを見ると、「青騎士」のメンバーだとしている箇所と、いや、メンバーではない、という記載の箇所があります。「青騎士」を見れば、日本語版ウィキペディアの「青騎士」では第一回展にパウル・クレーが参加している記述になっていますが、「パウル・クレー」のエントリーでは1912年の第二回展から参加したことになっています。(手元に、僕が就職した年に買った古いクレー画集がありますが、その年譜では第二回展からの参加、というほうの記述になっています)

 YouTubeの記述も疑ってかかったほうが良い場合があるかも知れません。
 「カリガリ博士」の映像、「The Cabinet of Dr. Caligari (1921)」というタイトルが付いていますが、手元の「パリ・1920年代 シュール・レアリスムからアール・デコまで」(渡辺淳、丸善ライブラリー)によれば、1920年の作品だそうです。

ペテン師2013-05-14 23:53:26

 瀬戸内晴海に、「一筋の道」という著作があります。
 日本の伝統を守る名工や職人を訪ね、その姿、その話を綴るエッセイです。僕は図書館のリサイクル・コーナーで拾ってきて、空き時間に読んでいます。

 講談師、花火師、装潢師、螺鈿師、漆絵師、袋物師、指物師、能管師、藍染師、仕立物師、人形師、上絵師、浮世絵の彫師、刷師。目次を見ても、なんと「師」の多いことに、まず驚きます。
 「先生」という意味と関係なく、古くから使われているようで、やはり当て字だったのでしょう。
 その証拠に、大道商人やテキヤのことを「香具師」だと言い、寝ている人の金品を盗む泥棒まで「邯鄲師」だと称します。
 「する」という動詞の連用形名詞「し」で、「する人」という意味で使われた、という説がありますが、どうでしょうか。

 そう、「ペテン師」という言い方もありますね。
 こちらは「ペテン」のほうも、語源が気になりました。

 検索すると、ネット上の語源由来辞典では、「ペテン」は詐欺を意味する中国語の「bengzi」が訛った語、と解釈されています。(http://gogen-allguide.com/he/peten.html
 「bengzi」はどの中国語を指しているのかが思い当たらず、もしかして「騙子(骗子)」もしくは「騙局(骗局)」の誤植かと思いました。しかし、さらに検索してみたら、そうではなく、「繃子(绷子)」であるようです。(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1411595794)。
 「繃子」は、中国語の方言・俗語で、「詐欺」という意味だそうですが、寡聞ながら、僕は中国語の文章でそのような使い方を目にしたことがないです。

コン比べ、根競べ2013-05-16 23:40:23

 十数年前に、JRAでコンクラーベという競走馬が走っていました。

 確かに重賞にも出走したことがあり、そこそこ活躍していた馬です。毎週競馬中継に釘付けしていた時期、というのもありますが、いまもってよく覚えているのは、なにより名前が面白かったからです。
 日本語の「根競べ」を、わざわざ音を伸ばした、なかなかしゃれた珍名馬ではありませんか、と。

 そう思っていた僕は、恥ずかしいぐらいのバカです。
 しばらく前に、新ローマ法皇決定会議のニュースを聞きながら、ふっと昔の記憶が蘇り、あっ、こっちのほうだな、といまさら気づきました。

 netkeiba.comで調べてみたら、コンクラーベの母は米国産馬のコンカロ(Concaro)、コンクラーベの妹にコンフィデンスとコンパス、弟にコンタクト(重賞2勝)、コンカローレ、コンセルティスタがいます。一年前の記事(http://tbbird.asablo.jp/blog/2012/06/22/6488722)ではないですが、コン繋がりで、まさにコンだらけです。
 オーナーの方、命名に若干手抜きしていたかも知れません。
 ちなみに、Concaroの父は名種牡馬Caro、母はConfessという名前の馬で、ConとCaro、アメリカ人もやはり手抜きだったのでしょうか?

 そういえば、テレビのニュースは法皇を選ぶほうのコンクラーベの仕組みも教えてくれました。
 投票権を持つ枢機卿たちは、システィーナ礼拝堂で缶詰され、新教皇が決定されたら、白い煙を礼拝堂の煙突から出して外部へ合図するそうです。しかし、新教皇が決まらない場合は黒い煙を出し、決まるまで延々と投票が繰り返されるそうです。
 複数の候補者が拮抗したら容易に結論が出ない仕組みで、そうすると、やはり根競べになるのではないかと、つい邪推してしまいます。

5月下旬のネットニュース斜め読み(1)2013-05-23 23:58:41

・貿易赤字10カ月連続、4月では過去最大 LNG輸入額膨らむ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130522-00000023-fsi-bus_all

 日本の貿易収支は、10ヶ月間赤字が続き、また、4月分の赤字幅としては過去最大になったそうです。
 貿易赤字というのは、単純に言えば、日本からの輸出よりも日本へ輸入した物品の総金額が大きい、という状態です。素人考えだと、流出するものよりも諸外国から入ってくるものの量が多く、価値が高いから、日本という国に住んでいる人たちにとって、暮らしが豊かになる喜ばしい傾向だと捕らえましたが、どっこい、どのソースを見ても、そのような形では報じられていないです。
 むしろ、一体いつ貿易収支が黒字に回復できるかと、かなり心配される向きが多いです。

 さては、貯蓄大好きな日本人、もっと先のほうに目線を向けたのでしょう。貿易赤字の現況は幸せな状態であっても、赤字が長く続けば、いつか日本国内のお金が尽き、海外から物を買えなくなることが心配されているのでしょうな。
 確かに昭和30年代の日本は国内の好景気が続き、輸入が増え、外貨準備が底をついてしまいそうで、経済を引き締めて景気を後退させる政策を取った、と聞いたことがあります
 ですが、昨年度の数字を見る限り、貿易収支は赤字であっても、海外投資から得られる利子や配当などを示す所得収支に支えられ、経常収支はまだかなりの黒字を計上してました。つまり、輸入で物をたくさん得ている一方、手持ちのお金も増えています。それでも不満か、この幸せ者!
 と、まあ、きっと素人が単純に考えてはいけない複雑な話なのでしょうね。ハイ。


・Xbox OneはTVの最高の友になるかも
http://news.goo.ne.jp/article/gizmodo/trend/gizmodo-82875.html

 Xbox Oneは、マイクロソフトが年末商戦に合わせて世に送り出そうとしているXboxシリーズの新製品です。
 主にゲーム機として使われている従来のXbox360などと一線を画し、テレビの最高の友を目指すと、記事から読み取れます。
 コンソールを立ち上げるには、「Xbox、オン」って言えば良く、TVを見たければ、「Xbox、watch TV」って言うだけでOKだそうです。すごいですね。

 しかし、ですよ。
 購入したい物を口で店員に説明するよりも、ひとつのボタン、一回のタップで買いたい物を選択できるように、頭の良い人たちがかつて考えたのではないでしょうか?
 Siriのような音声アシストは使いやすい、との声も聞きますが、うるさい、恥ずかしい、まどろこしい、と言った反対意見も少なくないです。
 音声や言葉ははたしてマン・マシン・インターフェースの最良な形なのでしょうか?

 手間のないことを考えれば、脳波などで意識を読み取ってくれるコンピュータがベスト?
 いや、まさか。ぼんやりとテレビを眺めながら、人にも機械にも言えないような考えを脳に浮かぶ権利を、僕はまだまだ当分保有したいものです。

全馬最強!2013-05-30 00:37:17

 皐月賞をあえて回避した佐々木晶厩舎のキズナが、武豊騎手を背に、外から豪快に追い込んできたシーンが、今年の日本ダービーのハイライトだったのでしょう。レース中に故障した馬もなさそうで、競馬の祭典は、ひとまず円満に終わりました。

 終わった後に気づくのも遅いですが、第80回日本ダービーを記念して、「全馬最強 LEGENDS of 日本ダービー」というページが開設されています。(http://derbylegends.jp/

 ゲームと言うほどのものでもないです。
 「遊び方」に「日本ダービーの優勝馬がここに集結。自分の好きな優勝馬を選択し、歴代最強の馬を予想しよう!」と書いてありますが、要は、歴代のダービー馬のなかから1頭を選べば、対戦馬1頭をコンピュータがランダムに選択してくれて、両馬に関する情報も表示されます。情報を参考にして、勝つと思う方を選ぶと、ほかのみんなの予想結果など、簡単な集計結果が表示される、というだけのものです。
 単純ですが、各対戦組み合わせごとに多くの票を集めた馬が「勝ち」とされ、勝ち数の合計でランキングも出力されます。どうやら歴代の名馬にはそれぞれ熱心なファンがついていて、予想というより、加熱な応援合戦になっているようです。ディープインパクト対ナリタブライアンなどの人気の対戦、双方約2千票ずつ集まるほどです。

 ダービーが終わっても、このページはまだ生きているようです。
 一応いま現在のランキング上位を写してきました。すぐ変わってしまうかも知れません。

1. ナリタブライアン 76勝2敗
2. トウカイテイオー 75勝2敗1分
3. ディープインパクト 75勝3敗
4. オルフェーブル 75勝3敗
5. ウォッカ 74勝3敗1分
6. カツラノハイセイコ 74勝4敗
7. シンボリルドルフ 72勝6敗
8. ミスターシービー 71勝7敗
9. ミホノブルボン 68勝9敗1分
10. キングカメハメハ 68勝10敗
11. スペシャルウィーク 67勝11敗
12. フサイチコンコルト 65勝10敗3分
13. ディープブリランテ 64勝14敗
14. トキノミノル 64勝14敗
15. シンザン 63勝15敗
16. クリフジ 61勝16敗1分
17. アイネスフウジン 60勝17敗1分
18. ジャグルポケット 60勝17敗1分
19. サニーブライアン 59勝18敗1分
20 カブラヤオー 57勝18敗3分

 見た感じ、さすがに上位を占めるのは近年の馬が多いですが、10戦10勝で1951年の二冠を制した後に急死したトキノミノルなど、かなり古い馬もそこそこの支持を集めているのが、興味深いところです。

5月下旬のネットニュース斜め読み(2)2013-05-31 23:33:36

・5年で新空港56カ所!? 中国、建設ラッシュも7割が赤字
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130530/biz13053011030024-n1.htm

 中国では空港の建設ラッシュ中だそうです。
 しかし、そもそも年間利用客が10万人を下回る空港が40カ所あり、高速鉄道との競合で、全国183カ所の空港のうち、73%に当たる134空港が経営赤字だそうです。

 日本も同じです。
 いや、もっと状況が悪いかも知れません。
 日本全国の空港の数は、たぶん中国の半数ぐらいですが、年間利用客が10万人以下の空港は30カ所あるはずです。自治体が経営する空港は、9割方経営状況が悪く、赤字になっていると読んだことがあります。
 離島など、地理的要素で空港が必要になる場合もありましょうが、国土の狭さから言えば、日本の空港の数が多すぎるように感じます。新幹線等との厳しい競合にさらわれる場合も多いでしょう。