いくつかの「落花流水」2013-02-09 18:00:35

 私の早とちりだった、ということなのでしょう。

 先日、金庸の武侠小説「鹿鼎記」で明史案を取り上げた原作の第一話が日本語訳版に収められていないことを書きました(http://tbbird.asablo.jp/blog/2013/01/19/)。しかし、訳者のあとがきを読むと、日本人に余りに馴染みの薄い歴史であり、見慣れない文人儒学者の名前がぞろぞろ出てきて政談を繰り広げるところが、大河活劇小説の冒頭としてとっつきにくい、という理由で本編から除き、代わりに最終巻の末尾に「外伝」として収録することにしたそうです。

 最終巻はまだ未見 (子供は現在和訳本全8巻中の第5、第6巻を図書館から借りて読んでいる最中)ですが、わけを聞いてもなお釈然としない感が否めません。
 「見慣れない文人儒学者」と訳者は言うが、歴史的に名が高く、江戸時代からわが国でもそこそこ知られている顧炎武、黄宗羲などが含まれています。それに、そもそもこの人たちがどういう人物なのかを知らなくても、ストーリーの流れを捉えるのになんら問題がなく、顧炎武は物語の終盤に再登場してくるし、後の章に繋がるオーバイの名前があがるし、なにより第一話の最後、重要なキャラである天地会の総帥・陳近南が颯爽と初登場しています。やはり余計な配慮をせず、原作通りの章立てのほうが良かったかと思います。


 *  *  *  *  *  *  *  *  *

 中森明菜を書いて(http://tbbird.asablo.jp/blog/2012/11/21/6639769)、ファンだったことを思い出し、私的プチ懐古ブームも相まって、いまさらいろいろと聞いています。
 その明菜さんに、「落花流水」というタイトルの曲があります。

  落ちてく花の気持ちがわかる
  もがく重みさえも忘れ
  目をいっぱいに見開いて立ってた
  力がぬけてゆく
  流れる水のように私を
  どこか遠く運んで
    :
    :

 良い歌です。
 しかし、思いました。この「落花流水」は、どういう意味でしょうか?

 丸谷才一のエッセイに書かれていることですが、日本語で「落花流水」は3つの使われ方があるようです:
 (1) ボコボコにやられる
 (2) 一方は気にあるのに他方は無関係
 (3) 残春の景色

 金庸の武侠小説「連城訣」にも「落花流水」が登場します。
 「南四奇」とも称される陸、花、劉、水の四人の苗字を繋げた語呂合わせに過ぎないですが、敵対する血刀老祖が「落花流水, 我打你們個落花流水!」と凄んだところの、二つ目の「落花流水」は、むろん(1)の意味です。
 最近の中国語はと検索をしてみても、この(1)の使い方が圧倒的に多いです。

 (2)の使い方は、やはり中国にもありますが、単に「落花流水」ではなく、「落花有意, 流水無情」、もしくは「落花有意隨流水, 流水無情戀落花」とまで綴る場合が多いようです。

 (3)の使い方は、日本ではこちらが多いイメージですが、中国語では逆にあまり数は見かけませんでした。有名なのは、李後主の「浪掏沙」あたりでしょう。

  獨自莫凭欄 無限江山
  別時容易見時難
  流水落花春去也 天上人間


 1918年(大正7年)に台湾へ赴任した、日本の第7代台湾総督明石元二郎は、日露戦争のときにロシアで機密工作を行い、日本の勝利に大き く貢献したとされる蔭の立役者です。
 実は、明石元二郎が参謀本部に提出した報告書の題も、「落花流水」でした。

 このスパイ・マスターの「落花流水」は、(1), (2), (3)のどれでしょうか?

 デー・ベー・パウロフ、エス・アー・ペトロフたちが著した「日露戦争の秘密」では、巻末の注に「意味不明」と記しました。ファットレル著「明石大佐とロシア革命家たちの接触」も、同様の扱いにしているそうです。
 報告書の本文に自作の漢詩数篇を収めた人物ですから、題名は明石元二郎が自ら付けたものだと思われますが、海外の研究者たちにとって、この東洋的な美感覚は、なかなか理解し難かったかも知れません。