ロンドン・オリンピック2012-07-02 06:28:08

 開会式まで4週間を切り、ロンドンオリンピックは徐々に盛り上がりを見せ始めています。


 いまから64年前、第二次世界大戦後初の、第14回オリンピック大会は、やはりロンドンで開催されました。
 当時、「フジヤマのトビウオ」と呼ばれていた水泳の古橋を擁し、敗戦国日本も参加を希望していましたが、無情にも国際オリンピック委員会からはねつけられました。

 戦争中に政権交代していたイタリアは参加が認められました。日本は1940年の東京オリンピック開催を返上し、ドイツは1939年にポーランドに侵攻して代替となるヘルシンキの開催を事実上不可能にしたことから、両国への参加非承認はそれらに対する懲罰的な意味合いも大きかったとされています。

 半藤一利の著書を読むと、もっと生々しいです。
 「IOC委員の多数は、日本およびドイツの軍人たちのおかした残忍な行為に対して、憎悪と恐怖の念が深い。委員の多くは、その子、その孫、および友人が重い苦しみを味わい、餓死するのも見た。こういう忌まわしい心の傷を癒やすのは、ただ時の経過を待つほかはない。」と言われました。
 無謀な戦争に突入した代価のひとつだと言うしかないかも知れませんが、世界の人々の厳しいまなざしを感じずにはいられない瞬間だったのでしょう。


 翌年に迫っているのに、なかなかはっきりしなかった第15回ヘルシンキ・オリンピックへの参加は、昭和26年5月6日にオスローのIOC総会でようやく決定されました。
 日本の参加が許された、と朗報が来ましたが、爆竹も花火もなく、「これでやっと日本も国際社会に仲間入りができた、のか」と、ある選手が重々しく呟きました。

東京オリンピック2012-07-07 10:21:37

 第15回のヘルシンキ大会から12年を経て、オリンピックが東京にやってきました。

 1964年(昭和39年)10月11日のスポーツニッポン紙(スポニチ)は、「聖火に誓う 世界は一つ」のタイトルを掲げ、東京オリンピックの開会式を伝えました。

 「これから十五日間世界の平和とスポーツを愛する若人たちが日本を舞台に、”武器のない戦い”をつづけるのだ。オリンピックの守護神ゼウスよ、平和の宴、東京オリンピックに加護をあえたまえ!」と、高らかに謳い上げていました。
 もっとも、「そうした中でインドネシアと北朝鮮両国選手団の姿はついにみつけ出すことはできなかった。神もすべても超越したオリンピックであるはずなのに、悲しむべき現実である。」とも漏らしています。


 しかし、スポニチの一面のトップを飾ったのは、開会式のニュースではありません。
 「南海、二度目の王座へ」と大きな見出しで伝えたのは、プロ野球の日本シリーズです。10月10日、東京オリンピック開会式の日は日本シリーズの最終戦でもあり、阪神タイガースを相手に七戦目まで戦い、南海ホークスがプロ野球日本一に輝いたのであります。

 開会式よりも重要なスポーツニュースだと判断されたのでしょう。スポーツ紙という立場、頷ける判断だと私も思います。

青春の影と光2012-07-18 22:37:34


 上の写真、シンディ・シャーマンの作品(Untitled #96、1981年)です。
 シンディ・シャーマンは1954年生まれ、セルフポートレイト、つまり作者自身を被写体にした写真作品を、多く残している写真家、美術作家です。

 この写真のなか、彼女の手が握っているのは、求人広告雑誌を切り取ったものらしいです。多少想像力を働かせば、都会に出てきた女の子が、思うように仕事を見つけられずにぐったりしてしまった、という情景を思い浮かぶこともできそうです。なんだか、悲しげな目をしています。

 しかし僕などから見れば、この悲しげな目さえも、ちょっとばかりまばゆくて、まぶしいものです。
 ちょっとしたことですぐに落ち込む青春時代は、一方で、未来への希望もたっぷり含んでいます。思い通りに行かないことは多々ありますが、決して諦めず、You can never never surrender! と歌い上げられるのも、若者の特権です。


 Corey Hartが歌う「Never surrender」を、僕が感激して聞いていたのは高校時代。なにくそ、頑張るぞ、と奮起したいときに口ずさみ、自分自身を鼓舞していました。
 

 その結果でうまく行ったかどうかは、すでに記憶にないです。
 絶望的に思えていたりしても、決して絶望的でなかったことだけは事実です。物質的に成功したというよりも、精神的には成功したつもりです。


 ちなみに、上のシンディ・シャーマンの写真は、昨年のとあるオークションで、3億1500万もの世界一の高値がついたそうです。彼女は物質的にも成功したようですね。

ワイセツな枕2012-07-21 22:02:52

 「文芸春秋」から出されている「私の昭和史」を読んでいます。
 「週間文春」創刊30周年を記念しての、読者投稿を編集したものです。

 森本栄さんという方は、東京の雑誌社に勤めていましたが、「内務省という役所があり、なにかといえば国民を締め付けた。刊行物の検閲もここでやった。書店の店頭に、表紙に『削除済み』のハンコの押された雑誌が並んでいた。」と書いています。
 戦時下の話です。

 実際、時局不適で内務省より発売禁止の憂き目にあった書籍も、おびただしい数にのぼりました。

 必ずしも左翼傾向のもの、反戦的なものばかりではありません。
 出久根達郎のエッセイによれば、アーネスト・サトーの「幕末維新回想録」は、「維新の大業が英外交官の寄与による如き箇所」あり、面白からず、削除処分されました。
 陸軍大学出身の林銑十郎が著した「興亜の理念」は、「ソ連不信、日独離間の念醸成の虞あり」で、次版改訂の処分を受けました。
 「皇国精神講座 第十輯 神皇正統記」というまさに時局柄の書もが、皇室に関する記述に不穏当のかどで、やはり改訂を命じられました。

 森本栄さんの回想によれば、あるとき、「花嫁の寝室読本」という絵入りの記事を、検閲課に持参して事前に内閲を受けたそうです。
 挿絵の一枚に、敷ぶとんの端に枕が二つ並び、傍らに電気スタンドがついているのがありました。
 「なんだ、ワイセツな。枕を一つにしなさい!」

 挿絵のうえに紙を貼って、枕一つになりました。