オルフェーヴル、バンザイ (3月18日の中央競馬観戦記)2012-03-19 22:50:42

 3月18日は、いつもの用事のない日曜日と同じ、競馬中継を流すテレビの前に鎮座しました。


 話題騒然となった阪神大賞典(G II)も、もちろん見ました。名牝ファビラスラフインの仔ギュスターヴクライの初重賞勝ちのレースでもありますが、やはり今年の阪神大賞典は、昨年の4冠馬オルフェーヴルが大迷走したレースとして、記憶されるのでしょう。


 一旦止まってから鋭く巻き返すあたり、凄いものを見た気も確かにしますが、やはりこういうのはダメだと思います。
 そうではないと信じて切っていますが、内容的には不正騎乗(八百長)の疑いさえかけられるもので、国によっては暴動が起きてもおかしくないレースです。

 何が起きたのでしょうか?
 いつもと違って、向こう正面の直線で早々と先頭に立ち、早く行き過ぎたと慌てた騎手が抑えたせいもあって、そこでレースが終わったと馬のほうが勘違いしたのでしょう。現に3コーナーに向かわず、外目に寄りながら走りを一旦止めてしまいました。
 前走の有馬記念(2500M)とほぼ同じ距離を走りましたし。

 いろいろな見方があるかと思いますが、抑えるか行かせるかの指示が曖昧だったところ、やはり池添騎手の騎乗ミスでしょう。残念ながら、弁解の余地は少ないと思います。

 気性の荒い馬で、巷では騎手交代の声も上がっていますが、僕はしかし、もう一度、池添騎手を載せてほしいと思います。実際、去年連勝をしたのはこのジョッキーのエスコートがあってのものだし、チャンスはもう一度あっても良いような気がします。


 一方、中山競馬場のほうは、皐月賞トライアルのスプリングステータスが無事に行われました。
 アグネスタキオン産駒のグランデッツァが、重い芝の上を実に爽快な足で駆け抜けました。これは来月の本番、ワールドエースのような豪傑を相手に伍しても、とても楽しみな存在であることを、満天下に示しました。

 人気薄で気づかなかったのですが、1月に新馬、若竹賞を連勝したバンザイも出走してきました。
 この名前でよく馬名審査を通ったな、と前から思っていました。

 いや、決して悪い命名だと思ったわけではないですが、何しろ過去にも同じ名前の名馬がいました。
 父ダイヤモンドウェデイング(Diamond Wedding)、母がサラ系の宝永のバンザイは、いまから98年前にデビューし、旧4歳から5歳まで計13戦11勝という素晴らしい成績を上げ、大正時代を通じての名馬というにはばかりません。

 手元の「日本の名馬」(サラブレッド血統センター)でも、(時代順ですが、)一番最初に取り上げたのが、そのバンザイ号でした。

コメント

_ 蓮 ― 2012-03-20 13:45:17

競馬好きが伝わってくる文章ですね。
ぼくは動物(競馬)にもマシン(F1)にも興味がなく、ただ人間(メジャーリーグの松井選手)に興味があるだけで、寂しいかぎりです。もっとも競馬もF1も人間のドラマなのでしょうけれど。

_ T.Fujimoto ― 2012-03-22 23:11:10

蓮さん、こんばんは。
競馬好きなのは、間違いありません。自転車もボードもオートもさほど興味を感じないので、やはり馬が好きなためでしょう。
もちろん、仰った通り、そこには人間もいます。調教師、助手、厩務員、騎手...人間と馬のドラマ、人に人徳があればこそ馬が従うのでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2012/03/19/6382876/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。