輪廻転生の景品2011-03-27 00:18:50

 ロボットがほしくて、チューインガムをいっぱい買ってもらいました。
 焼肉屋の出口でガムをもらって、不意に思い出しましたが、ガムをそれだけたくさん噛んだのは、人生のなかでも、小学生のその時期だけだと思います。

 憧れのロボットとはぜんまい仕掛けのおもちゃ、一応二足歩行もでき、とあるチューインガムの景品でした。
 ガムの包装紙の裏に、中国民間伝説「七世夫妻」に登場する男女キャラのどれか一人が印刷され、アベックになる2枚を揃えてメーカー送れば、景品のロボットがもらえる仕組みです。
 いま考えると、そのロボットも格好良いか微妙ですが、時代が時代で、僕が台湾で小学生をやっていた頃、クラスの男子みながこの景品をほしがっていました。

 ですが、そこは「七世夫妻」、玉帝の怒りを買っているだけに、そう簡単に結ばれるわけはありません。
 例えば梁山伯はよく出ますが、祝英台はなかなかお目にかかれないように、必ず片方はレアで、めったに現れないようになっていたと覚えています。

 「七世夫妻」は中国でよく知られていますが、主役は本来天上界にいる金童と玉女、咎められて凡世に下り、七度も輪廻転生を繰り返しながら、毎回毎回結ばれない悲恋を繰り返す話です。
 輪廻転生の恋物語は時々見ますが、先鞭をつけたところもそうで、前後二千年を渡り、七世代も繰り返すのは、さすがにスケールが大きいと言わざるを得ません。


 さて、七回の輪廻転生で思い出したのは、能劇の「大般若」です。
 話はすこぶる単純で、元は「西遊記」の古い稿本のひとつだと思います。
 大般若経を求めて天竺を目指す三蔵法師が、流沙河にて深沙大王に出会いましたが、「汝の前世さきの世も、此の大願を起せしかども、遂に叶わで此の河の主に悩まされ、命を捨てしも七度なり」と前シテの翁が言うように、なんとすでに三蔵は前世七度までも、取経の旅に出ながら深沙大王に食われてしまったものです。

 それもなおもめげず仏法を広めようとする三蔵法師の固い意志とともに、深沙大王の、三蔵の七つの髑髏を瓔珞に首に掛けるイメージは、目眩を起こすほどでした。


 「七世夫妻」のガムは、あるいは地域によって出やすさが違っていたかも知れません。なかなかそろわずにして諦めかけた頃、たまたま旅先で買ってもらったガムに馴染みのない范喜良が登場し、めでたく孟姜女とゴールインさせることができました。
 それで有り難い経典を、ではなく、例のおもちゃのロボットを首尾良く手に入れ、同朋にも若干自慢することができました。

 後に、「新・七世夫妻」で同じようなキャンペーンが行われた記憶もかすかに残っていますが、高学年になったせいか、それとも新しい景品はあまり魅力的でなかったせいか、ガムを買ってもらうようにねだることはもうなくなりました。

コメント

_ why ― 2011-03-27 09:20:20

台湾にそんな楽しい遊びがあったんですか。羨まし~い!

計画経済の名残がまだまだ残っていた私のときの中国は、国営商店がまだ多かったので、面白い仕掛けなんか全然なかったんです。(何しろCMにブルドーザーの宣伝なんかしていた時代でしたからね。)
チューインガムは出始めたのが小学生の頃で、当時、飛行機に搭乗した際のお土産に、ガムが配られていたそうです。とは言っても飛行機に乗ったこともなく、噂の真偽が分かりませんが、友達からもらったのが初めてでした。ガムというと、なかなかお目にかかれない上等なおやつでしたね。そんな時代がありました。

それにしても范喜良(中国では確か萬喜良と言っていたような気もします)のキャラクターって、どんなものなのか全然イメージが掴めませんね。あっ、范喜良だぁって、開けた瞬間から感激できるような、なにか特徴がありますか。私はせいぜい後ろに万里の長城の絵とか、それくらいしか思いつきませんが、ものすごく興味があります。クリエイターの腕が問われますね。

_ T.Fujimoto ― 2011-03-27 22:58:06

whyさん、言われてみれば台湾でも萬喜良だったような気がしました。すみません、どうも記憶はどんどん風化しちゃっていますので(^^;)
それと、萬喜良に限らず、全員がどんなキャラクターだったかひとりも覚えていません。元々モノクロの小さな絵、下に名前が書かれていなかったら、たぶん男女をようやく区別できる程度の代物でした。そういう意味では我々にとっても景品だけが目当て、羨ましいと言われるほど、楽しいとか夢中になる遊びでもなかったと思います。

しかし、ガムは上等なおやつだったとは予想外でした。
七世夫妻がついているのはちゃんとしたメーカー品でしたが、子供の頃のチューインガムと言えば、駄菓子屋さんで売られていたり、あるいは「抽抽楽」の景品になっていたり、材料も含めてあまり上等でなさそうなのが多かったような記憶があります。

_ sharon ― 2011-03-29 17:27:16

台湾の小学生たちはこうやって、ガムと共に昔話を覚えたんだ、
いい思い出になりましたね。
>例えば梁山伯はよく出ますが、祝英台はなかなかお目にかかれないように、必ず片方はレアで、めったに現れないようになっていたと覚えています。
景品になっても、なかなか会わないものですね、可愛いそうに(T。T)

_ T.Fujimoto ― 2011-03-30 01:04:37

sharonさん、いまもって萬喜良なのか范喜良なのかがわからないくらいですから、ガム作戦も、大して効果がなかったようです。
当時我一心只想要那個機器人!
いい思い出になったのも、最終的に当たったからです。(笑)

>景品になっても、なかなか会わないものですね、可愛いそうに(T。T)
まあ、梁祝が脍炙人口なのも許されない悲恋ゆえん。それに、あまり簡単に会わせたら、今度は景品を出すメーカー側がかわいそうになると思いますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2011/03/27/5759890/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。