TBA Awardsと英国リーディングブリーダー2007-12-16 00:36:36

.
 英国のThoroughbred Breeders' Association Awardsが12月10日に発表されました。(http://www.racingandsports.com.au/breeding/rsNewsArt.asp?NID=117585&id=FP

 リーディングブリーダーに贈られるQueen's Silver Cupは名門Cheveley Park Studが受賞。
 リーディングサイヤーも、賞金、勝ち数の両賞とも、Cheveley Parkに繋養されているPivotal(ピヴォタル)が受賞しています。

 Pivotal自身は元々Cheveley Park Studの生産馬で、今年はSt.ジェームズパレスSのExcellent Art 、メイトロンSのEchelon などの活躍馬を出して、たぶん初の受賞だと思います。
 Pivotalの現役時のG1勝ちは、ナンソープSの1勝のみ。6戦4勝の成績で早々と引退したのは1996年のことでした。


 1996年の頃、実は、僕はその英国のThoroughbred Breeders' Associationのメンバーでした。

 はい、そうなんです。

 TBAは、読んで字の如く、サラブレッド生産者による団体ですが、一応生産者でない人も入会できます。
 当時、Pace Makerという英国の競馬月刊誌を定期購読してましたが、TBAの会員募集の告知を読んで、おもしろ半分(というより100%?)で、年会費を支払い、正式会員になってしまいました。

 写真は、その1996年、TBAから配布された第79回目の「Annual Report」です。

 巻末に1996年のTBA Awardsの記録があり、シェイク・モハメドの生産牧場が連続3年目、英国のリーディングブリーダーになった、と面白くなさそうに記されています。
 シェークのthe Maktoum and Khalid Abdullah studsは、実に2005年までその独占的な支配を続け、ここ2年ようやくリーディングブリーダーの座をCheveley Park Studに譲りました。


 関係ないですが、写真の1996年の「Annual Report」、裏表紙はそのCheveley Park Studの広告でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2007/12/16/2514686/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。