【翻訳練習 (日→中)】「椰子の実」2007-07-25 00:33:00

 柳田國男が明治31年の夏、伊良湖に滞在したときに椰子の実を拾った話を、親友の島崎藤村に語ったところ、それが素材となって椰子の実の叙情詩、そして後の名曲が生まれました。



 椰子の実   島崎藤村
.
名も知らぬ遠き島より 從遙遠不知名的島嶼
流れ寄る椰子の実一つ 漂來一顆小小椰子果
.
故郷の岸を離れて 離開你故郷的海岸
汝(なれ)はそも波に幾月 不知已隨波奔流多少旬
.
旧(もと)の樹は生ひや茂れる 生你長你的樹茂盛如昔
枝はなほ影をやなせる 而且想必枝葉婆娑成蔭
.
われもまた渚を枕 我也以沙灘為枕
孤身(ひとりみ)の浮寝の旅ぞ 孤身漂零如水鳥
.
実をとりて胸にあつれば 撿起椰果抱在胸前
新なり流離の憂 流浪者的憂愁再上心頭
.
海の日の沈むを見れば 遙看海上的斜陽西沈
激(たぎ)り落つ異郷の涙 満溢而落的是異郷的涙
.
思ひやる八重の汐々(しおじお)  想望著層層起落的潮汐
いづれの日にか国に帰らん 到底何時方能回故園
.