【現代の通人】 その2、内田百閒2007-06-23 00:42:36

.
 内田百閒は夏目漱石の門下生の小説家ですが、その随筆がおもしろいです。
 時々こっちに行ったり、あっちに行ったり、なんだか危なっかしい乗りですが、そこは(たぶん)作者一流の計算であって、最後はちょんと前後呼応、意味深長に結んでくれることが多いです。


 借金先生とも呼ばれ、その作品に借金にまつわる話が多いです。
 氏は友人や銀行から借金するわけでなく、相手は泣く子も黙る高利貸しです。
 旧制中等学校在学当時に父の死により、実家の造り酒屋が没落したのがたぶん最初ですが、それだけではなく、東大卒業後に士官学校等の教官を務め、当時としては結構な高給取りになったにもかかわらず、またもや高利貸しに手を出していました。
 元金二百九十七円が、つもりにつもって二千四百七十円、どうにも返せなくなっていたようです。

 当人がそれほど苦にする様子もなく、差押を受けても、飄々として、借金そのものを楽しんでいた風さえあります。
 高利貸しを取り締まる話が出ると、反対しました。
 「彼らが自粛すると借りる側がこまる。高利貸しに頼らねばならない弱者を救済するというなら、その弱者を牢屋に入れればよい。金の調達ができず首をくくるのだけは助けられるだとう。」と、へそながりを言いました。


 鉄道が好きで、鉄道紀行「阿房列車」のシリーズが有名です。
 時には、目的地に着いた途端にトンボ帰りすることもあり、ひたすら大好きな汽車に乗るためだけの旅行を実行していました。
 お酒も大好物で、「阿房列車」の行き帰りも、ずっと酒を飲んでいたようです。

 郷里・岡山で中学生の頃から琴を学び、昭和12年には、同好を集めて「桑原会」を発足しました。
 「青葉しげれる」はその音楽エッセイです。

 「一体に道楽は本業よりもきびしいものであって、本業は怠ける事が出来るけれど、道楽にはその道がない。」とうそぶき、夏には裸で琴に向かい、道楽に励んだそうです。

コメント

_ tianshu ― 2007-06-23 19:29:14

こんばんは!

 >>「元金二百九十七円が、つもりにつもって二千四百七十円」???
 当時日本の高利貸しやは優しかったでしょうか。とれとも内田さまのことを特別に扱っていたのでしょうか。
 内田様はお金の計算が苦手でしたが、随筆の前後呼応はお上手だそうですね。
 チャンスがあれば読んでみたいなとおもっています。

_ nihao_keikoo ― 2007-06-23 23:33:46

借金、鉄道、お酒、それに琴のお話。
面白そうです、私も読んでみたくなりましたが、手に入るのでしょうか。

_ T.Fujimoto ― 2007-06-24 00:42:06

こんばんは。
内田百閒はお金の計算が苦手、というよりは借金に慣れすぎて、なにも思っていない様子です。
例えば、原稿料が滞って、もらうべきお金だから取り立てたら、と人はいうと、百閒先生は、それだからこそ工合が悪い、もらうべからざるもの(要は借金)をもらうほうが気が楽で上品で清潔だと言います。
貸してもらえば、そのお金が役に立つだけでなく、「貸してくれたという親切に感応して幸福をお土産にすることができる」だとか。(「鬼苑雑記」)

_ T.Fujimoto ― 2007-06-24 01:08:48

百閒の随筆に借金の話はよく出てきますが、その理由はあまり書いていないようで、「私の暮らし上の不始末で借金がかさみ、」と軽く飛ばしたりとか、です。
「西廂雑記」は僕は未読ですが、出久根達郎のエッセイの引用によれば、「月収が45円の時代、家族全員がかぜで倒れ、やむなく看護婦を雇ったが、次々と家族が病気するので、看護婦が手放せなくなり、その費用が1ヶ月で45円、つまり月収がまるまるふっとんでしまった」のが元で、高利貸しに手を伸ばしたそうです。

「青葉しげれる」に載っている話ですが、少年時代親に35円で買ってもらったヤマハのオルガンを、百閒は(何度か差し押さえながらも)、ずっと大事にしていました。
しかし大正12年、本人がいないとき、ほかの封印したものと一緒に借金取りに運ばれてしまいました。
それを聞いて「非常にあわてた気持ちになって」、オルガンの評価額が10円だと聞いて、なんとかその分だけこしらえて買い戻そうとしたが、どこへ行ったかわからなかった、という話です。

_ dragonfly ― 2007-06-28 01:56:14

Fujimotoさん、こんばんは。
私も百閒の随筆は好きで、ずいぶん前ですが「ノラや」など数冊読みました。飄々、という形容が最も似合う人ですよね。

_ T.Fujimoto ― 2007-06-28 23:16:07

dragonflyさん、こんばんは。
百閒先生の随筆を読まれているのは、前にも伺ったような気がします。確かに、飄々としたお方ですね。

GoogleEarthをアップデートしました。元が古いので、だいぶ機能が追加されているのにびっくりです。

_ MOUSE ― 2007-07-02 12:01:41

FUJIMOTOさんはいろいろなご本をお読みですね。すばらしい。
さて、娘も上半身裸でピアノを弾いていましたから、将来は良い小説家になれたりして!?

_ T.Fujimoto ― 2007-07-02 22:03:58

MOUSEさん、こんばんは。
娘さんの記事、ブログで拝見して覚えていますよ。
百閒先生になるかどうかはともかく、借金先生にだけはならないほうがいいかと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tbbird.asablo.jp/blog/2007/06/23/1598176/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。