武侠から異種格闘技戦(1)2006-09-08 21:26:13

 我が家唯一の中国語の辞書は、9年前に台湾で購入した「革新版 東方国語辞典」(台湾なので、漢字は繁体字)です。
 この辞書にはなぜか「武侠」、「武侠小説」といった言葉が載っていません。近年は日本でも、金庸氏をはじめ、武侠小説の翻訳やドラマが一部のマニアに受けていますが、現代の中華圏文化にあって、武侠小説は極めて重要な地位を占めているにも関わらず、です。

 実は、調べてわかりましたが、描写されている世界とは違って、「武侠」は比較的新しい言葉です。葉洪生という武侠小説の研究家によると、「武侠」という複合語が中国語に出現したのは清王朝の最後、しかも日本から伝わったものです。
 すなわち、1902年に一世風靡した押川春浪の小説「武侠の日本」から、横浜の在日中国人が中国語に持ち込んだ、という話です。


 押川春浪は1907年に「東洋武侠団」という小説を書き、さらに 1912年「武侠世界」という雑誌を創刊しました。

 1914年押川春浪が38歳でなくなると、「武侠世界」の主筆を引き継いだのは針重敬喜でした。
 先日、たまたま「講道館柔道対プロレス初対決」(丸島隆雄著)という本を買って読みましたが、なんと、その針重氏の「武侠世界」は1921年(大正10年)に、恐らく日本ではじめての本格的な「柔道vsプロレス」の異種格闘技戦を主催した、とのことです。

 1910年代にかのFrank Gotchが引退し、アメリカのプロレス界はJoe Stecher, Stanislaus Zbyszko, Evan“Strangler”Lewisの3強時代に突入していました。ほかにもEarl Caddock, Jim Londos, John Pesekなどの強豪がおり、アメリカンプロレス百花繚亂の黄金時代とも言えます。

 Ad Santelもまたこのガス灯時代にあって、名前がブリタニカの百科事典に載っている、数少ない名プロレスラーでした。
 そのAd Santelが、はるばる日本に来て、講道館柔道に挑戦状を叩きつけたわけです。

香港競馬と馬事爽論2006-09-09 01:05:52

 香港競馬会(香港賽馬會)のホームページを見ると、沙田競馬場における新しいシーズンが今週末(9月10日)に始まるそうです。
http://www.hkjc.com/chinese/index.asp

 オリエンタルエクスプレス、インディジェナスからフェアリーキングプローン、そして最近のサイレントウィットネス、ブリッシュラック。近年、日本における香港馬の活躍はとてもめざましいものがあります。
 一方で、フジヤマケンザン、ミッドナイトベットからエイシンプレストン、アグネスデジタル、最近のハットトリックなど、香港の国際競走でも日本馬が活躍しています。
 それだけ両地が近く、欧米への遠征に比べて、輸送等のハードルが比較的に低いと言えましょう。今後の交流もますます盛んになると思われます。

 そう言えば、フジヤマケンザンが香港カップを勝った年かその翌年ぐらいの、森秀行調教師のインタービューが載っている、豪華なレーシングプログラムを、浜尾朱美さんから頂いていました(何人かで抽選して当たったと思います)。大切に保管していたはずですが、なぜかいま捜しても見当たりません...

 代わりに、同じく浜尾さんから頂いた1998年のDubai World Cupのレーシングプログラムが出てきました。あと、フランスに行った、かおるさんから頂いたフランスの競馬新聞も一緒に、です。

 浜尾さんのラジオ番組に連動して始まった、NIFTY競馬フォーラムの「馬事爽論」会議室の、その和気藹々の雰囲気。そこで知り合った仲間たちとの一連の楽しいオフ会も含めて、あのころが懐かしいです。

武侠から異種格闘技戦(2)2006-09-09 23:55:47

 金庸の小説「射鵰英雄傳」、主人公の郭靖は小さいときにモンゴルで育ったため、モンゴル相撲の技も使う、という設定です。
 しかし、武侠小説のなかの武術は、刀剣などの武器を使わない場合もほとんどは打撃に属する拳法、掌法、蹴りだけで、関節技の描写が少なく、寝技の攻防となるとほとんどお目にかかれません。


 「武侠世界」雑誌が1921年に主催した「西洋相撲対柔道」大会は、もちろんそれとは違って、すべての打撃を禁止し、双方柔道着を着て試合する、いわゆるジャケットマッチでした。

 いま考えると、相手のプロレスラーにも柔道着を着させるところ、かなり柔道家に有利なルールですが、Ad Santelに限ってはそうとも言えません。Ad Santelははやくから柔道を研究して、すでにアメリカでジャケットマッチを多く経験していました。


 丸島隆雄が書かれた「講道館柔道対プロレス初対決」によると、Ad Santelは最初1911年に無名な柔道家福田2段に負けて、 以降、柔道に対する熱心な研究を始めたそうです。1912年アラスカでもうひとりの柔道家と戦って、引き分けになったあと、ようよう多くの有名な柔道家・柔術家と戦うことになりました。
 この本の記述をまとめると、以下の結果となり、なかなかの好成績でした:

1914年 ○ Ad Santel vs 野口潜龍軒 × (野口は帝國尚武會創始者 自稱8段)

1915年 ○ Ad Santel vs 伊藤徳五郎 × (伊藤は前田光世等とキューバ四天王と並び称する講道館の強豪)

1916年 △ Ad Santel vs 三宅太郎 △

1916年 × Ad Santel vs 伊藤徳五郎 ○

1917年 ○ Ad Santel vs 三宅太郎 ×

1917年 ○ Ad Santel vs 坂井大輔 ×

1918年 △ Ad Santel vs 伊藤徳五郎 △


 そして、いよいよ日本に乗り込む1921年(大正10年)、結果的に講道館高段者の反対に遭いながらも、靖国神社特設会場で以下の試合を行いました。

3月5日 Henry Weber vs 増田宗太郎, Ad Santel vs 永田礼次郎

3月6日 Henry Weber vs 清水一, Ad Santel vs 庄司彦男

 Henry WeberはAd Santel のように、歴史に残る名選手ではないですが、恐らく弟子かスパーリングパートナーとして一緒に来日した、Santelよりも大柄のレスラーでした。

 八百長提案など、試合始まるまでにもいろいろ興味深い話がありますが、そちらは丸島隆雄氏の本を参照して頂くとし、ここで結果だけ記すことに留めます。

△ Henry Weber vs 増田宗太郎 △ (3本勝負の1対1 )

△ Ad Santel vs 永田礼次郎 △ (Santelの反則&永田の負傷)

× Henry Weber vs 清水一 ○ (3本勝負の2対0 )

△ Ad Santel vs 庄司彦男 △ (3本勝負の0対0 )

 但し、初日のSantel 、永田戦は、アメリカ側の記録を見ると、SantelのTKO勝ちとなっています。

【観戦記】PRIDE無差別級グランプリ2006決勝戦2006-09-14 13:40:03

 日曜日はさいたまスーパーアリーナまで行てきました。
 わりと真ん中のいい席ですが、それでも、双眼鏡を忘れたこともあり、グラウンドになるとモニタを見るしかありませんでした。やっぱり、格闘技の会場は、せいぜい横浜文体や代々木第2あたりまでが適切かと思いました。
 でも試合内容はとてもエキサイトで、よい大会だと思います。

第1試合: × 西島洋介 vs エヴァンゲリスタ・サイボーグ ○
 寝技があまり得意でないと思われたサイボーグ選手が、タックルからテイクダウンを取り、さらに寝技が苦手な西島選手をスリーパーで下しました。鳴り物入りでPRIDEに参戦してきた西島ですが、これで3連敗、パンチ以外の武器も磨かないと、レベルの高いPRIDEでは前途多難でしょう。

第2試合: × ヴァンダレイ・シウバ vs ミルコ・クロコップ ○
 トーナメントの準決勝ですので、この日は第2試合から会場内がヒートアップしまくりました。
 ミルコはコンディションが良さそうで、積極的な戦い方。シウバのほうも、打撃で劣勢になりながらも一歩も引かず、果敢に打ち合いに挑んだために、激しいいい試合となりました。最後はミルコの妖刀ハイキックが久々に決まり、シウバがくずれ落ちるように倒れてしまいました。

第3試合: × アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs ジョシュ・バーネット ○
 後ろの席の人が、年間ベストバウト候補と言っていたが、それぐらい両者がかみ合った好試合でした。打撃も互角なら、素晴らしい寝技の攻防も見応え充分です。しかしノゲイラを相手にこれだけ寝技の戦いができる人は、菊田早苗以外では初めてではないでしょうか?
 最後は判定で2対1、どちらの手が上がっても不思議がないぐらいの接戦でしたが、会場の空気ではジョシュを支持していたと思います。

第4試合: × セルゲイ・ハリトーノフ vs エメリヤーエンコ・アレキサンダー ○
 この試合はトーナメントのリザーブ戦なので、第4試合に組まれました。今後PRIDEヘビー級戦線でトップを張り合う可能性があるふたりは、これが初対決。
 勝ったアレキサンダーはこれからポカを注意すれば、チャンピオン争いに加わることが可能だと思います。ハリトーノフも怪我から回復しての初戦、まだコンディションは100%でないと思われるので、次の試合に期待したいです。


第5試合: × イ・テヒョン vs ヒカルド・モラエス ○
 これまでの試合があまりに高レベルで熱い戦いだっただけに、観客もこのあたりでちょっと休憩モードに入りました。
 イ・テヒョンは完全にスタミナ不足で後半はほとんどスローモーション。モラエスも40歳になって体力が落ちたが、アブソリュートに出ていた頃の印象からはちょっと物足りない、そんな感じでした。

第6試合: ○ 中村和裕 vs 中尾“KISS”芳広 ×
 前の試合以上、大きくブーイングを浴びたのがこの第5試合の日本人対決でした。
 戦前の煽りとは正反対で、しかしほぼ予想通りの冷めた試合。印象のなか、中尾選手の試合はいつもこのような単調でカウンタねらいの試合運びです。体力は日本人選手のなかでかなり上位に入るものを持ち、レスリングの基本もしっかりできているので、もうちょっと攻めのバリエーションを増やして、積極的な戦い方ができれば、と思いますが。

 休憩時間が終わったあと、横浜でのウェルター級トーナメント決勝とライト級タイトルマッチの宣伝で、先日武士道で勝利を収めていた郷野、三崎、五味の3選手がリングにあがりました。ここでも、郷野選手のキャラが目立ち、毒舌も炸裂しました。

第7試合: ○ マウリシオ・ショーグン vs ザ・スネーク ×
 ザ・スネークはたぶんMARSかどこかの大会で1回見ただけですが、悪くない選手です。強敵相手でも臆することなく、長いリーチを生かした打撃を繰り出しました。しかし、さすがに復帰戦のショーグンはここでつまずくわけにも行かず、冷静に相手の打撃を捌き、最後は得意のえぐい踏みつけ攻撃で試合を制しました。

第8試合: ○ ヒカルド・アローナ vs アリスター・オーフレイム ×
 アローナ選手は結構人気ありますね。戦い方はどちらかというと地味なタイプですが、女性ファンからの支持も多く、会場内の人気は結構高いです。オーフレイム選手はローの受け方がよくなく、怪我をしたような感じでした。

第9試合: ○ ミルコ・クロコップ vs ジョシュ・バーネット ×
 いよいよ決勝戦、ミルコは相変わらず調子がよくて、闘牛士のようにジョシュのタックルを切り、強烈なパンチとミドルキックを叩き込みます。ジョシュもよく頑張り、ときおり強烈なローキックもヒットさせたが、この日はミルコの日でした。最後はガードポジションからのパウンドが決まり、1回ぐらいひじが入ったようにも見えますが、それがなくてもミルコの勝ちだったのでしょう。
 試合に勝った直後、会場から Happy bearthday!のかけ声が飛び、なんとこの日はミルコの誕生日でもありました。誕生日に念願のチャンピオンとなり、ミルコの目に光るものが見えました。
 それにしてもこの日のミルコは鬼神のように強く、年末には、この状態でもう1度エメリヤエンコ・ヒョードルと戦わせてみたいものです。

【蔵書自慢】Complete Science of WRESTLING2006-09-14 20:58:02

Complete Science of WRESTLINGの1ページ
.
 先日のPRIDEでも大活躍したジョシュ・バーネット選手が、インタビューでキャッチ・レスリングを語ったことで、久々にキャッチが脚光を浴びている感じです。

 いまのレスリング(アマレス)は、グレコ・ローマン・スタイルとフリー・スタイルの2種類に分かれていますが、フリースタイルという名前になったのは、たぶん1948年のロンドン・オリンピックあたりで、それまではオリンピックでもキャッチ・アズ・キャッチ・キャン・スタイル(Catch-As-Catch-Can Style)と呼ばれていました。
 19世紀末から20世紀初頭あたりは、前にも書いたことがありますが、ある意味でプロレスの黄金時代とも言える時期でした。そして、そのガス灯時代のキャッチ・レスリングの教科書とも言うべきなのが、題記の書物ではないかと思います。

 「Complete Science of WRESTLING」は、ロンドンのAthletic Publications Limited から 出版された本で、作者はその時代で最も偉大なプロレスラーのひとり、George Hackenschmidt(ジョージ・ハッケンシュミット)です。
 僕は十年前ぐらい、神保町の古本屋で入手したのですが、つい最近、出版年代は1909年だとわかったばかりです。

 内容は、3つの章に分かれています。本人が出演している写真をふんだんに使って、ひとつひとつの技、ムーブを詳しく解説しています。

Chapter I . A Wrestler's Training
Chapter II . Up-standing Wrestling and Standing Throws
Chapter III . Ground Wrestling

 それと、興味深いなのは、Ju-jutsuという単語が何回か出ています。
例えば、第1章には、柔術のトレーニングがキャッチ・レスリングにも有効だとしている文章があります。

Similarly will they find practice at Ju-jutsu, especially with a Japanese instructor, extremely useful. The presence of the jacket and consequent difference in the method of coming to grips with an opponent, and the totally different idea of the style, may provide arguments against the claim that the Japanese style possesses any particular utility for the cacth-as-catch-can wrestler, but he will find that the increased knowledge of tripping he will gain, and, above all the practice of the art of balance, which is the very essence of Ju-jutsu, will be of inestimable value to him.

 ジョシュの語るキャッチと必ずしも一致しないかも知れませんが、少なくともHackenschmidtは、いまからほぼ百年前、すでに柔術に対する認知がかなりあったと伺えます。

【レース予想】2006セントライト記念、ローズステータス2006-09-16 18:30:50

 夏が過ぎ、黄金色の収穫を夢見る秋は渡る涼風とともにやってきました。明日は東にセントライト記念、西にローズステークスと、3歳3冠最終関門へつなぐ大事な前哨戦が予定されています。

 まずはセントライト記念:

◎ トウショウシロッコ
○ フサイチジャンク
▲ キストゥヘヴン
△ インテレット
△ ミレニアムウイング

 実績ではキストゥヘヴン、フサイチジャンクが抜けています。このメンバーなら、という気もしますが、ともに春シーズンは最後のほうで成績が落ち気味だったため、秋初戦のここでいきなり本命まで推しづらいところがあります。
 一方で近走の好調馬はというと、前走1着した馬が5頭いますが、ミレニアムウイングとマツリダゴッホ以外は500万クラスです。それなら準オープンで連対したトウショウシロッコを上に取りたいと思います。アドマイヤベガにニッポーテイオーの肌は、本番よりもトライアル向きのような気がします。
 インテレットは重賞勝ちがないですが、成績は堅実なので、ここでも一応抑えておきます。


 続いてローズステークス:

◎ ソリッドプラチナム
○ ニシノフジムスメ
▲ アドマイヤキッス
△ シークレットコード

 ソリッドプラチナムは軽ハンデでも古馬を相手に重賞を勝って、その前もトウショウシロッコに先着しています。桜花賞馬は西下しないなら、人気以上に信頼できそうな気がします。もちろん○、▲の2頭も能力なら引けを取りません。
 気性が心配なフサイチパンドラは、休み明けのここはあえて切りましたが、凡走しても好走しても、次はまたまた悩まなければならない、実にやっかいな馬です (^^;)

わだち2006-09-17 00:18:37

 本を整理していたら、夾んでいる古いものが飛んで出てきました。

---------------------------------------------------
< わだち >

陽は沈み冬の荒原の果て
ただひとつの馬車の黒影はゆく

凍てつく寂寥にカツカツと鳴り
しめやかに細く馬車のわだちはつづく

馬は首をたれ足並み重く
この馬車には鈴がない

かすかな夕映えに黒影はくらく
この馬車には灯火がない

この馬車には御者がない

カツカツとまたしめやかに荒原の幻想は行く
-寂寥よ
はたして私は生きて来たのだろうか

( from "海  長沢延子遺稿集", 1992.1.15 )
---------------------------------------------------

 確かに大学の図書館から借りた本を写したものです。若くして自殺した女の子の作品で、当時結構心を打たれました。友人への手紙にも話題にしていた記憶が残っています。

 いまになって考えると、成熟しきれずに夭折したことに対し、どうしても厳しい採点をしてしまう自分がいます。
 が、もしかして、単に自分にはすでそのような批評をする資格がなくなっただけです。瑞々しい感性を持つ若者だけが理解・共感できる、若さゆえのなにかがあるかも、そのような気もします。

【レース回顧】2006セントライト記念、ローズステータス2006-09-19 12:20:03

 セントライト記念は、落馬事故もあり、レース自体がごちゃごちゃした感じで、回顧が難しいです。見込んだトウショウシロッコはそこそこ走っていますが、それよりも、勝ったトーセンシャナオーは完全にマーク外でした。前から多少気になっていた馬ですが、さすがに下級条件戦で勝ちきれないところで、いきなりGIIのここで勝ち負けは難しいと思って切りました。ところが、どっこい、まさに快勝してしまいましたので、もうわけわかりません。
 但し、実力馬のフサイチジャンク、キストゥヘヴンはいずれも落馬のアオリを受けていたし、勝ち馬にGIIホースとしての能力があるかどうか、もうちょっと細心に吟味する必要はあるかも知れません。

1着 トーセンシャナオー
2着 トウショウシロッコ
3着 ミストラルクルーズ
4着 テンシノゴールド
5着 キストゥヘヴン


 ローズステータスのほうは、もう、アドマイヤキッスが強かったです。脱帽!
 シェルズレイも強かったと言えましょう。馬場がよかったとは言え、かなりのペースで飛ばした末の2着、ほめていい内容です。元々チューリップ賞の2着馬(勝ち馬は今回同様、アドマイヤキッス)、桜花賞、オークスの成績も決して悪くなく、8番人気はなめられすぎ、と終わってみればの結果と内容でした。
 2番人気のフサイチパンドラ、やはり気性難が出て、折り合いが難しそうでした。しかし、それでいて3着という微妙な着順に入ったことで、引き続き本番でも悩まされることになりそうです。
 夏を使っていた有利さから、本命にあげたソリッドプラチナムは、結局5着止まりでした。フサイチパンドラ、ニシノフジムスメ とは僅差ですが、本番でそれほど上積みがあるわけでもない(と思っています)ので、少なくとも◎を打つことはなくなりそうです。

1着 アドマイヤキッス
2着 シェルズレイ
3着 フサイチパンドラ
4着 ニシノフジムスメ
5着 ソリッドプラチナム